08 | 2016/09 | 10

タバスコチョコレートを食べてみた&芳屋に行ってみた 

タバスコチョコレートを食べてみました

まずチョコレートの前に、先日東京へ行く用事があったので、上野にある輸入食品店の芳屋に行ってみた事を書いていきます

秋葉原の輸入食品店のワタベが閉店してしまってから、長い間輸入飲食品、とりわけお菓子や清涼飲料の充実している店は見つかりませんでした。カルディやヴィレッジヴァンガードでも扱い自体は有りますが、カルディではお菓子などよりも普通の食品やコーヒーがメインで、ヴィレッジヴァンガードも雑貨が中心なのです

なので東京へ行った際に偵察がてら行ってきました。大分前に訪れようとしたことがありましたが、時間が無かったのと、携帯電話の充電が切れ地図が見られなかったため見つけることができませんでした。

今回はしっかりと調べてから行ってみたので無事見つけることができました

上野のアメ横にある、とされている芳屋ですが距離的には上野駅側ではなくJR御徒町駅からの方が近いです。そしてアメ横というとあの通りに面していると思われがちですが、ウェルカムモールグリーンという建物内にありまして、どうも高架橋の下にある模様なので、入り口を見つけて入る必要がありました。この建物内にあるというのが原因で前回は見つけられなかったのですね

そして実際に行ってみた芳屋ですが、輸入食品店というよりかは輸入菓子店ですね。お菓子の種類もグミ、チョコレート、飴、ラムネなど甘い物が大半でした。一応店内に小さい冷蔵庫にルートビアなどもありましたね

なかなか品ぞろえも充実しており非常に良い店でしたが、週の定休日が稀に増えたりするので、行く前に調べた方がベターです

さてそこで買ったタバスコチョコレートの紹介をしていきましょう


見た目
DSC_0180_20160915111410662.jpg


原材料など
DSC_0181_20160915111405e5d.jpg
DSC_0183_2016091511140802c.jpg



中身
DSC_0182_20160915111406528.jpg


丸い缶、ピザ状にカットされたチョコレートなどショカコーラのようですが、あちらと違いタバスコチョコレートは2段になっておらず、缶の厚みも薄いです。そしてその形状のせいで指をうまくひっかけにくく非常に開けにくいのが特徴の缶でした。勢い余って中身が飛び出さないようにご注意を


食べてみた感想です



カテゴリ:チョコレート

価格:1缶500円前後

味:最初こそ甘いチョコレートと感じたが、時間差でピリピリするタバスコの辛さを感じる。タバスコの酸味と塩味はほとんどせず、甘くて辛い不思議な味

総評:一風変わってて悪くはないが、そう頻繁に食べたい味でもない

入手方法:上野の輸入食品店「芳屋」で入手

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:指を掛けにくく缶が非常に開けにくい





個性的な味でした。甘いのは甘いんですがちゃんと辛い味もして、独特としか言いようがないですね


ペルソナ5を買おうかと迷っていましたが、それを買うのは後にして10月の初めに横須賀へ観光してこようかと思っています。軍港としても有名な港や、戦艦三笠などを見てこようと思ってます。米軍の施設がある街なので可能であれば何かアメリカンな飲食品も探してみたいですね。流石にもうカレーラムネはノーセンキューです(名物らしいです)

ではこの辺で、ごきげんよう
スポンサーサイト

足柄の勝カレーパンを食べてみた 

艦これローソンコラボキャンペーンの1つである足柄さんのカレーパンを食べてみました

私は艦これを2013年の夏からプレイし始めラバウル鯖に所属しておりまして未だにプレイしております。ちなみに前回の夏イベは乙乙丙丙の難易度でそれぞれのイベント海域をクリアしました

このゲームに登場する、日本軍の巡洋艦足柄を元にした同名のキャラクターがゲーム内のボイスでカツカレーを作っている描写があり、それが元ネタの商品ですね。まあさすがにロースカツではなくメンチカツが入っているカレーパンとなっております

では見てみましょう

見た目
DSC_0174_2016090717052231b.jpg


成分表示など
DSC_0176_20160907170523258.jpg



原材料など
DSC_0177_20160907170525599.jpg


足柄拡大
DSC_0178 - コピー



中身
DSC_0179_20160907170520406.jpg


食べてみた感想です



カテゴリ:カレーパン

価格:135円(税込み)

食感:柔らかめの揚げパンの中にカレーとメンチカツが入っている。惣菜のような分厚いメンチカツではない

味:味は一般的なカレーパンだがメンチカツとカレーというなかなかにボリュームのある中身。カレーは甘め

総評:美味しい

入手方法:ローソン限定

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆☆(星5つ)

その他:ローソン限定、無くなり次第終了だが場所によっては既に売り切れの可能性。常温で食したが温めた方が良いかと





味もよく食べごたえもありましたが、残念ながら無くなり次第終了とのことなので、運が良くない限りもうローソンで見つけるのは難しいのではないでしょうか。実際に私は発売日(9/6)の朝にローソンへ寄りましたが、棚には1つだけでした

今から見つけようとする方がいらっしゃれば、病院などの施設内に入っているローソンなら可能性はあるかもしれません


今週末に東京へ行く用事があるので、時間があれば上野の輸入食品店に行ってみようかと考えてます。秋葉原のワタベが閉店してから何度か行こうとは試みたのですが、定休日が不定期だったり時間が無かったりでまだ行けてません。そこで何か面白い飲食物が売っていればそれをブログでご紹介しようかと

ではこの辺で、さようなら

C90攻略作戦~アリアケ作戦~ 

C90のレポートとなります

C90は90回目のコミケであり、珍しく西3、4ホールに一般のサークルが配置された珍しいコミケでした。そのうえ東の7、8ホールが建造中となかなかにイレギュラーな要素が見受けられるコミケでしたね

日差しこそ照り付けましたが、気温はそこまで高くなく、対策さえしっかりしておけば乗り切れる環境だったと言えます

では私個人のレポートを詳しく書いていこうと思います

まず1日目ですが、企業や1日目の出店サークルに欲しい物が無かったので準備や装備の確認をしながら過ごしていました

そして2日目には一般参加しましたが、まず昔やってたネトゲ(ACVD)で知り合った2人と合流予定でした。しかしそのうちの1人が乗る列車の路線で人身事故があり、開場までの合流は無理かとも考えましたが、思ったより早く復旧できたので、予定時刻の09時に3人が無事合流し、列に並びながら開場まで雑談していました

このとき、列の一番後ろだったので風が通りやすく暑さはやや和らぎましたが、日差しだけはどうにもならず結果として腕が焼けて真っ赤になりました。帽子を持参してたので頭や顔は無事でしたが、日焼け止めを忘れた腕は助かりませんでした。この後2日ほど風呂で悶えましたね

合流した3人とも買い物をするサークルはそこまで多くなかったので、13時くらいには会場を離脱し、池袋の富士そばで昼食にしました。このお店の紅生姜の天ぷらが私のおすすめです

昼食後少し喫茶店で雑談した後解散、一緒に行動していたうち1人の家にお邪魔し3日目に備えました。このときシャークネード3をレンタルしましてお酒を飲みながら見ていたのですが、やはりあの映画は複数人で見るとなお面白いです。個人的にホットショットとシャークネードはパーティーに最適な映画かと

3日目はサークル参加なので早めに友人宅を出発し、0730少し前くらいに会場へ着きました

朝の会場前の様子
DSC_0163moza.jpg


今回のコミケでは普段と違い西3、4に一般のサークルが配置されていたため、少々慣れない事態でしたが問題なくスペースにはたどり着けました

西3、4の外、喫煙所付近から見た会場前の様子
DSC_0166.jpg


ここから見える逆ピラミッド下の人のほとんどがサークル入場券を持った人です

0745頃の西3、4
DSC_0165.jpg


その後は設営を行い、開場に備えます

スペースの様子
DSC_0167.jpg

今回はポスタースタンドが無いのでポスターはテーブルに掛けてます

同人ゲームのエリアは開場直後に混むことは稀なので、許可を頂き開場少し前に買い物へ行きました。サークルで物を買えるのは当然開場後ですが、コミケでは開場の30分前に各ホールの入り口を封鎖するためです

開場後、90分ほど買い物をした後スペースに戻り、トイレ休憩以外は大抵スペースで売り子をしてました

今回の新作は普段と違いミリタリー色があまりないR18ゲームだったのですが、普段よりもその時の新作を買われる方は少なかったですね。ただそれ以外のミリタリーゲームはなかなか売れたという感想です

今回特記すべき物事は無く、平和に閉場までの時間が流れました

閉場後は撤収作業に入り、片づけが終わった後はサークルの関係者と少しゲームの雑談をした後解散となりました

開場離脱後は泊まらせていただけた友人と打ち上げをし、今年の夏コミは無事終わりました

その後はまた友人宅でフルメタルジャケットを鑑賞したり、翌日に秋葉原で少し買い物をしたりしましたが、この辺はコミケと関係ないので詳しくは書きません。ただ所謂コミケ4日目なので秋葉原は混んでましたし、メロンブックス等の同人ショップはとても混雑してました

今回のコミケを総括すると、暑さは厳しく一般参加の日には日焼けもしたが、倒れる人が続出するレベルの酷暑ではなく、込み具合もいつも通り島による、といった所です。サークル参加の方はいつもと変わらないくらいにはゲームが売れたと思います


以上がC90のレポートとなります。次回の冬コミも参加できれば参加したいですがどうなるかは現時点ではまだ不明ですね

買った同人誌の軽い感想などは別の記事にすべきかそもそも書かないかまだ未定なので次回は何を書くかはモチベーション次第で

ではこの辺で、今回のコミケもお疲れ様でした

カレーラムネを飲んでみた 

コミケの記録は少しづつ書いているのであともう少々お待ちを

カレーラムネを飲んでみました

私の記憶では、一回ブログで写真を上げた気がするのですが、恐らくこのブログの初期の頃なのでメモやレビューもなかったはずです。はず、というのも10分くらい探しましたが、カレーラムネを紹介した記事がどこにあるのかわららなかったので、りべんじシリーズではなくいつも通り取り上げることにしました

今回飲んだカレーラムネはイオンにて珍飲料を集めた特設コーナーで買ったものです。そして冒頭での「以前飲んだ同一商品」というのは確か横浜で買いました

カレーといえば海上自衛隊で金曜日に提供される、というのが有名ですが、実はあれは海自になってからで海軍時代にはなかった習慣なのです。カレーという食事自体は明治のころから海軍のメニューにあったそうですが、金曜に提供されるようになったのは最近の事という訳です

話がそれましたが、カレーラムネを見てみましょう


見た目
DSC_0171_20160826154354329.jpg

原材料
DSC_0172.jpg

栓は昔ながらのガラス玉タイプ
DSC_0173_20160826154357809.jpg


飲んでみた感想です



匂い:スパイシーなカレーの匂いそのまま

味:味自体は炭酸が弱めのラムネの味だが、風味がカレーのそのままで、正直合ってない。ただ飲めないことはない

総評:ちょっと美味しくない

入手方法:イオンで特設の珍飲料販売コーナーで入手

原産国:日本(静岡産)

リピート性:☆☆★★★(星2つ)

その他:原材料を見る限りカレーの風味は香料だけの模様。普通のラムネのようにガラス玉で栓がしてある、ただ容器は瓶ではなくペットボトルタイプ




味自体はカレーの味ではなく甘い味なので、もしこれを飲み機会があって飲みきれない場合は鼻をつまんで飲みましょう。カレーは匂いだけなのでそうすれば普通の(?)ラムネに感じないこともないです

さて件の珍飲料コーナーで他にも2本ほど仕入れてきたので当分はそれの感想でも書いていこうと思います

ではこの辺で、ごきげんよう

コミケ90について 

今日から始まっているコミックマーケットですが、私は明日と明後日、つまり2日目と3日目に参加します

例年通り2日目に一般参加し、その後友人宅へお世話になった後3日目にサークル参加します

3日目に売り子として手伝わせて頂くサークルは「西c49b 日本戦争ゲーム開発」です。今回の新作は普段のようなミリタリーゲームではなく、番外編のドット絵エロゲとなっております。全年齢向けのブログなので詳しくは書けないので興味のある方は横のバナーからどうぞ

毎回私個人に用がある方はごく稀ですが0ではないので一応ここに記しておきます。3日目は開場はまではサークルスペースで設営をしております。その後開場少し前に買い物するために離脱し、スペースに戻ってくるのは11時~12時ごろと思われます

またコミケが終わったらレポートを軽くブログに書くつもりです

夏のコミケは暑さが懸念されますが、参加なされる方は対策をしっかりしてお互い無事に帰還しましょう

ではこの辺で、ごきげんよう