09 | 2017/10 | 11

桜えびサイダーを飲んでみた 

ついにこの時がやってきました

色々な美味しいもの不味い物を飲み食いしてきましたが、史上最悪の飲料と出会ってしまいました。きっとダークナイト・リターンズにてスーパーマンとの戦いで命を落としたバットマンにこれを飲ませればその場で蘇生するくらいには凶悪な存在です

では紹介しましょう

桜えびサイダーです
DSC_0434.jpg


まず何を企画すれば桜えびとサイダーを混ぜるというのでしょうか。過去に紹介した、醤油サイダーや牛タンサイダーなども理解に苦しみますが……

リリース元の「木村飲料株式会社」様はウコンサイダーや茶コーラ、カレーラムネ、などキワモノではあるが、一定のクオリティの商品を出している会社です(もちろん普通の商品もたくさんあります)。なのでそう飲めない程ではないはず……と挑んでみました


では飲んでみた感想です


匂い:甘さとかっぱえびせんの匂いが合体した匂い

味:天ぷらのような香ばしい桜えびの香り、サイダーの果糖の甘い味、そして強めの炭酸、これらが全てミスマッチなカオスな坩堝の中身のような味

総評:今まで飲んできたものの中で一番まずい

入手方法:イオンモールにて地サイダー特設コーナーにて入手

原産国:日本(静岡)

リピート性:(星0つ)

その他:もう二度と飲みたくない



ちょっとこれは勘弁してください。はっきり言ってしまうと、臭かったんですこのサイダー。桜えびの風味がきつくて、1時間かけて飲みました。一応桜えびの風味は鼻を摘めば感じなくなるのですが、それではなんか負けた気がして


ということで史上初の星0の飲料の感想でした

次回はコミケレポート後編にしたいですが、以前お話した「忙しい状況」がとりあえずは9月30日で終わるので、それより後になってしまうと思われます

ではこの辺で、ごきげんよう
スポンサーサイト

オランジーナ フレンチスパークリングを飲んでみた 

オランジーナは爽やかなオレンジの味と微炭酸で人気ですね

私も強い炭酸が好きですが、オランジーナは気が向いたら飲む程度には好みの炭酸ですね

そんなオランジーナの新商品を飲んでみました。そういえばレモンジーナは土の味がするとか言われてましたね。わたしはそう思わなかったですが

では見てみましょう


見た目
DSC_0378_20170629171103dce.jpg

見ての通り無色透明です


原材料とか
DSC_0379_20170629171104c46.jpg

飲んでみた感想です



匂い:オレンジの香り

味:炭酸強めのオレンジ風味飲料だが、甘さがかなり控えめになっている。無糖の炭酸水ではない

総評:どうせなら無糖にしてくれたほうが嬉しかったがこれはこれで美味しい

入手方法:人から貰ったので不明

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:6月20日発売。無色透明




甘さ控えめ強炭酸。これはこれでアリですね。お酒なんか割るのにいいかもしれません


次回は相変わらずネタ不足につき未定です。臨時収入があったので輸入食品店でも行きたいですが、steamのサマーセールにもお金を使いたかったり

ではこの辺で、さようなら

チョコミントフラッペを飲んでみた 

ファミリーマートから23日に販売されたチョコミントフラッペを飲んでみました

飲み物カテゴリですがフラッペって食べ物なのか飲み物なのか。かき氷みたいなものですし食べ物にしようかとも思いましたが、コーヒーマシンを使用するので飲み物でいいや

記事にしようとは思ってなかったので写真はありません

まずこれはファミリーマート限定です。レジで注文するのではなく、冷凍庫にフラッペが陳列されているので、それをレジまで持って行きます。会計後コーヒーマシンでミルクを注いだらいよいよ飲むことができます

この際の注意なのですが、ミルクを注ぐ前によく容器ごと揉んでフラッペを崩さないと上手くほぐれませんので

では食べてみた感想です




味:しっかりとしたミントの刺激に良いバランスのチョコレートの甘さ。飲むハーゲンダッツチョコミントと言ってもいい

総評:最高に美味しいがチョコミントは好みが別れる

入手方法:ファミリーマート限定

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆☆(星5つ)

その他:数量限定なのでお早めに。レギュラー商品になって欲しい





久しぶりの星5つな飲料でした(確認したら飲料のカテゴリではスコールコーラ以来)。チョコミント好きにはたまらないですね

ただ1杯290円とペットボトルや缶の飲料と比べたらまあまあなお値段しますので

今週末はComic1へ参加するために泊まりで東京へ行ってきます。その際に上野の大英自然史博物館展へ行けたらと考えております。秋葉原のワタベが閉店してしまってからというもの東京で遊んでついでにネタも仕入れるということが困難に

山手線沿線で輸入飲食品が多い店をご存じの方、教えていただければ私が喜びますしブログの更新もはかどります

ではこの辺で、ごきげんよう

ライジン パープルウィングを飲んでみた 

ライジンのパープルウィングを飲んでみました。2016年の10月発売だったかと

私はライジンはあまり好きではない上にエナジードリンクも控えているので買うことは無いのですが、これはコミケの会場で貰ったものですね。なんでも会場のとあるブースで企業が無料配布していたそうなのですが、私はそこには行ってないので詳細はわからないです。これはそのブースで友人が貰ったものを私が貰ったのです。ライジンが好きではないというのはどうもあの生姜の風味が苦手で敬遠してました。ただウィルキンソンのジンジャーエールは好きなので生姜の風味自体が嫌いというわけではないです。ただライジン全体の味の中での生姜が嫌いというか

では見てみましょう

見た目
DSC_0280.jpg

原材料とか
DSC_0281.jpg


飲んでみた感想です


匂い:オロナミンCに近い

味:すごくライジンっぽくはない味。複数のフルーツのフレーバーの香りで、フルーツミックスジュースのよう。ピーチやマンゴーなどの複数のフルーツが合わさっている

総評:結構美味しい

入手方法:コンビニなど。今回のはコミケにて無料配布されていたのを友人経由で入手

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:特になし





ライジンだと思って油断していましたが、予想外の美味しさでしたね

さて、前々から言っている忙しい状況というのも来週の水曜日で終わりです。それが終わったらPCのパーツの換装とか考えていたり。あとは3月の3連休中に友達らと私と計3人で横須賀旅行を計画中だったりします

とりあえず、今月はあと1回更新できるかどうかと言ったところですね

ではこの辺で、ごきげんよう

冰鎮紅茶を飲んでみた 

以前紹介した池袋にある日光亜細亜食品で買った紅茶飲料の「冰鎮紅茶」のレビューとなります。残念ながら読み方はわかりません。日本語で詳しく書いてあるページも見当たらなかったので、詳細もよくわかりません。ただこれのメーカーの泰山のwebページを見たところ、お茶や食用油などのメーカーみたいですね

そしてその一覧の中に仙草飲料があったため見返したら、以前紹介した仙草蜜のメーカーの模様です

では見てみましょう


見た目
DSC_0251.jpg


原材料とか
DSC_0253.jpg



飲んでみた感想です


匂い:レモンティーの匂い

味:確かにレモンティーの味だが、日本のペットボトルのレモンティーに比べるとかなり酸味(おそらくリンゴ酸)や甘さがかなり強く感じる

総評:なかなか。ややくどい味か。個人的には日本の市販のレモンティーの方がさっぱりしていて飲みやすい

入手方法:池袋の日光亜細亜食品で入手

原産国:台湾

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:蓋がとにかく固くて開けにくかった。無果汁





かなり味の濃い紅茶でした。無果汁なのにレモンのような酸味があったのは原材料にも書いてあるリンゴ酸ではないかなと思っております。台湾の飲料なのと、商品名の冰鎮という字面から涼茶の類かとも思いましたが、原材料見る限り普通の紅茶みたいです

台湾の飲料はパパイヤミルク酸梅湯珍珠[女乃]茶と飲んできましたが、どれも味が濃いめですね。台湾では濃い飲料が好まれるのでしょうか? それとも世界的に見たら日本製が薄味なだけだったりするのですかね

ちなみに、商品名は正確には[冫氷]鎮となっておりますが、泰山の公式サイトでも冰鎮と書かれていたのでこちらもそのように表記しております

土日月と東京へ行くのですが、遊びに行くわけではないので、もし時間が取れたらまた池袋まで足を伸ばしてこの日光亜細亜食品をじっくりと見たいところです。その機会を逃すと次に東京へ行くのはコミケの時なので、なおさら時間がないですね

最近気になっているのは一平ちゃんショートケーキ味でしょうか。ぜひとも手に入れたいですが、間食はあまりしないので買ったとしてもいつ食べられるかはわからないですね。飲料はしょっちゅう飲むのですが


では今回はこの辺で、ごきげんよう