07 | 2012/08 | 09

月が綺麗ですね 

IMG_20120831_200038.jpg


今日はブルームーンですよ!

月の下に写っているのは飛行機です

別に蒼い月だから「ブルームーン」ではないのですねぇ

フランク・シナトラの「Blue Moon」でも聞きながら月見と行こうじゃないですか

では皆さん。私は一足先に行ってますよ
スポンサーサイト

友人からの液体X 

さかのぼること数ヶ月、友人は私にとあるものをくれた

「中国で買ってきたからあげるよ」

見慣れない中国語がかいてある飲料缶。私はそれを冷蔵庫に入れたまま、今に至るまで放置していた

しかし気がつく。賞味期限に留意しないと飲めなくなるのでは、と



そういうことで飲んでみました

まず見た目から見てみましょう

こいつです
DSC_0001.jpg

ん?えーと、何て読むのでしょう?中国語はさっぱりです

しょうがないので漢字をそのまま読み「こむぎめ」と呼称することにしました

このこむぎめですが、友人が中国へ旅行した際に買ってきたものらしいです。ちなみに彼は私と同じく変わった飲み物を愛好する仲間です。ルートビアで乾杯する仲です

側面を見て見みる
DSC_0002.jpg

なにやら田植え間近の稲みたいな写真?絵?が印刷されていますね

成分を見てみる
DSC_0003.jpg

なになに、水、蜂蜜、なんとか果糖、小麦芽粉

シンプルな中身です

まあいいや。さあ飲むか

とりあえず、コップに注いでみる

緑色だあ

P1000668.jpg

え、これって青汁……なのか?

恐る恐る口を付けてみる

あ、甘い。なんか抹茶の羊羹を飲みやすくしたような味がする

色の割には爽やかな味わいで、けっこう飲みやすいですね

飲んでいるとだんだんくどく感じてくるのも羊羹に似ているかな


感想:結構いけるな


小麦芽粉の正体がわからないが、字から察するに小麦の若葉つまりウィートグラスのことだろうか。つまりこいつは一種の青汁

青汁のくせに甘い。それがウィートグラスの良い所だろうか、日本でも探せば提供している店があるらしい



結論:怪しい飲み物でも何でもなくウィートグラスでした。体にいいぞー(スタローン風)



というか良く見ると缶に英語でWheatGrassって書いてある


なんだ、意外に怪しくもなんともなかったな

中国産って聞いたから爆発するとか思ってたけど、そんなことなかった

ほら、よく中国産のものって爆発することで有名じゃないですか

私の体も内側から破壊されるのかとか思っていたけど……ん?体の調子が

うわっ、うわあああ!

うわらば!

Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏へ行ってきた 

べ、別に感謝祭に行く為に東京へ行ったんじゃないんだからねっ!(本当です)


当初は、東京中央区、日本橋にあるアメコミの専門店へ行こうと画策していたのです

http://www.blister.jp/store/
このお店ですね

ここ、通販がメインのお店のため営業日時が非常に少なく、まともに営業しているのは土曜日くらいです

そのためここへ行くついでに秋葉原でも見て、あとは神社でも観光して帰ろうという予定を立てていたのですよ

しかし、3日ほど前に感謝祭の存在を知り、「よしいくぞう」と思い立ち計画を変更

そういうわけで、暑い中秋葉原まで電車で行きました

余談ですが、電車で化粧をする人はみっともないですね。化粧って素顔を他人に見せないためのフェイスペイントだと思うのですが、電車の中ってめっちゃ人おるやん


「Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏」の情報はこちらのURLよりどうぞ。東京のはもう終わってしまいましたが、大阪で後日催される模様です。関西圏の方は赴いてみるのも一興でしょうね
http://www.xbox.com/ja-JP/event/daikansyasai_2012


ここで、会場内で発売予定ソフトの試遊台が多数有ったため、体験プレイしたソフトとプレイこそしなかったものの実際のプレイを見てみたソフトの感想をメモしたので載せます。携帯電話のメモ帳にメモしたのですが、最近携帯電話がごじゃっぺになってきてキーの操作がおかしいのですよね。反応しなかったりするんですよ。ちなみにごじゃっぺは方言です

あくまでメモなので、そのゲームがどういう内容かはご自分で検索してくりゃあれ


ボーダーランズ2

よりアクション寄りのゲームになっていたかも、前作よりもさくさく敵を倒せる感じ?
ややこしかったインターフェイスもすっきりしていた印象
独特のグラフィックはそのまま


スリーピングドッグス 香港秘密警察
龍が如くとグランドセフトオートを足して割った感じのゲーム
格闘戦がメインの体験版。龍が如くのように周囲オブジェクトを利用したテイクダウンが決まっていた
さながら香港映画(香港国際警察 NEW POLICE STORYを意識か?)
グラはさほど美麗ではない
モーションがややぎこちない。デッドトゥライツレトビリューションを思い出した


ZONE OF THE ENDERS HD EDITION

グラフィックがくっきり、そりゃもうびっくりするくらいくっきり
ぱっと見、内容は当然変わっていない(そりゃHDエディションだからなぁ)

ところで「Beyond The Bounds」っていい曲ですよね


HALO4
後述

ギアーズオブウォー ジャッジメント

ホードとビーストモードを融合した内容の「OVERRUN」のマルチプレイの体験
チラッとしか見ていないので詳細は不明だが面白そうだった
グラフィック等は3から大して変わっていない様子

ラブトレSweet
キネクトってこういう使い方もできるのですね

スペックオプス ザ・ライン

このゲームのみ体験プレイ
どうやら体験版ではなく製品版の模様
砂に埋もれたドバイでの戦闘が売りのTPS
カバーアクションやブラインドファイアなどTPSとしての標準的
弾薬は不足しがちで敵の落としたものを有効活用
味方に攻撃指示を出せるシステム
カバーを怠ると普通の難易度でもあっさりゲームオーバー

感想としてはごく普通のTPSで、「砂に埋もれたドバイ」という設定を生かしきれないと凡作で終わりそう

どうでもいい話ですが、私ってゲームをやる時に上下の視点移動ってリバース設定(スティック↓入力で上を向きスティック↑で下を向く)なのですが。結構少数派みたいですね




とまあこんな感じでした

そして1300よりHALO4のステージイベントがあったので、それをみました。詳しく書きます
この時、凄くお腹がすいてた


内容的には、HALO4の概要説明、実機プレイ映像、各種情報だけの簡素なものでしたが、実機のプレイ映像が見られたことは良いことでした。その他の情報はもう各サイト等で出回っている情報でした


いよいよ始まるHALO4ステージイベント
DPP_0010.jpg

PVが流れて
DPP_0011.jpg

南雲さん登場
DPP_0013.jpg

クリスマンソン氏も登場

DPP_0017.jpg

Spartan Opsの実機プレイ映像
DPP_0014.jpg

とまあこんな感じで進行しました
Spartan Opsはエピソード配信形式の協力マルチプレイです。本編の後の話らしいですね


HALOのノベライズ版の情報
DPP_0021.jpg

最初の3作はもう訳されて発売しているのですね。知りませんでした。今の積み本が片付いたら買ってみましょうかね

HALO4のキャスト陣の発表

DPP_0022.jpg

私からは一言、何故声優変えたし

とまあこんな感じでステージイベントは終了しました
HALO4、発売が楽しみですね

他、会場内に有ったもの

数量限定で発売予定の、HALOのフォアランナーをイメージしたXboxとコントローラー
DPP_0005.jpg

同上ヘッドセットその1
DPP_0004.jpg

同上その2
DPP_0025.jpg

発売予定のスパルタンのフィギュア
DPP_0024.jpg

HALO4広告
DPP_0006.jpg

ちょっとむっちりしたマスターチーフのコス
DPP_0008.jpg


コールオブデュティー ブラックオプス2ゲームイメージ
DPP_0007.jpg
正直CoDは二次大戦物を作って欲しい。Wawは名作だった

全体的にHALO4に力を入れていることがひしひしと伝わって来る会場でした。まあXboxもPS3も独占タイトルで大ヒットするゲームって少ないですからね


そういう訳で、特に見るもの無かったので会場離脱

お昼はマーボー丼
DPP_0026.jpg

美味しい上に量もあって安かった(´ω`)
秋葉原の雁川という中華料理屋です

そんなこんなで、適当にぷらぷら買い物をして帰宅

結局神社には行けなかった……時間的余裕がなくなってしまった
秋葉原、恐るべし


では買ってきたものでも

バットマン:ダークナイト
P1000664.jpg
結構でかいです
P1000666.jpg

バットマンを引退して10年、既に老体となったブルース・ウェインが新たな戦いに身を投じる「バットマン: ダークナイト・リターンズ」

「ダークナイト・リターンズ」の続編、アメリカで有名なスーパーヒーローが共演する「バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン」

上記の2篇が収録された本です

ところでこの本のタイトルを見て映画「ダークナイト」と類似性があるのか、と思われる方も多いでしょうが、直接的なつながりはありません。この作品のダークな雰囲気は後々のバットマンの映画にリスペクトされていますが、あの映画の漫画版というわけではないですよ

そもそも「ダークナイト(闇の騎士)」はバットマンの多数有る愛称の一つですから


エースコンバット アサルト・ホライゾン

P1000667.jpg

これじゃない、と言われるエースコンバットの新作。発売されたのは結構前です。安かったので買ってきました
まあナンバリングタイトルじゃなくてアサルトホライゾンですから、そう割り切ってプレイしています

でも私は架空戦記のエスコンが好きだなあ。ちなみに一番好きなエスコンは5です。ああでも0もいいよな。いやいやここはX、一捻りして3?モビウス1無双の4?

なんであれ、エスコンは好きですよ
ただしX2てめぇはだめだ

そういうわけで、大感謝祭へ行って来るの巻でした

ではまた。三犬から、さようなら
続きを読む

こいつは飲み物じゃない。テロだ 

日々飲料というのは研究されていると思います

コーラやサイダーのように、昔から愛され今でも飲み続けられる物ばかりではありません

企業は利益の為に、売れる飲料を開発しつづけねばなりません。向こう100年は売れる飲料を開発すれば話は別ですが

今日はそんな企業が生み出したイレギュラーを紹介しましょう

一本目「ペプシ 塩スイカ味」
P1000639.jpg



はい、来ました。ペプシがまた生み出しました
需要不明の飲料です

ペプシといえば、思い出せる限りでも
キューカンバー
ブルー
ホワイト
ゴールド
小豆
しそ
モンブラン
バオバブ

と、色々な種類の炭酸飲料をだしていますねこいつら殆どハズレだけど
そしてこの暑い夏に発売されたのが、「塩スイカ」です

「スイカ」ではなく「『塩』スイカ」なのがミソですかね。私は西瓜に塩はかけない派ですが

まあいい飲んでみましょう

匂い:駄菓子の20円くらいのグミ。西瓜っぽいといえば西瓜っぽい

味:まるでスイカバー(アイス)。みずみずしい甘さは無かった。後味が悪い。飲むたびに元気がなくなってゆく味。塩の味はしなかった

結論:美味しくない上に元気が抜かれる。塩の味がしないが塩は配合されているので塩分補給は出来る

この飲み物で塩分補給するくらいなら、素直にスポーツドリンク買います


もう飲みたいとは思わない、次
二本目「エスプレッソーダ」
P10006622-1.jpg

サントリーが出した「大人のクセにはじけている」飲み物

エスプレッソに炭酸を混ぜたものらしい

早速飲んでみる


容量が330mlと微妙

エスプレッソソーダかと思っていたら、「エスプレッソーダ」だった。ジョークなのか


缶コーヒーの味、甘さに加えて、不可解な酸味と腹の底から怒りが湧き上がる炭酸の味がする

そもそも酸味と甘みのバランスが絶妙に取れているのが砂糖入りコーヒーな訳で、そのバランスは些細なことで崩壊するらしい。それの要因が炭酸である

簡単に表現すると「カラオケやファミレスのドリンクバーから友人が持ってきてくれた、数種類のドリンクを混ぜたイタズラ飲料」


これ、無糖or無炭酸ならいけたかもしれない。ほら、この値段でこの量のコーヒーって結構安いじゃん。コーヒー薄いけど



こんなものでした
結論:不味い

さて、これらの商品は「どんな味なのだろう?飲んでみたい!」という人間の好奇心を利用したマーケティングなのだろうと推測できる。なぜなら、純粋においしくなくて、あと数週間もあれば完全に市場から消え去りそうな飲料だからである

では最後に一言

(不味いから市場より)消えろイレギュラー!
続きを読む

C82攻略作戦~戦果という名の積荷 ~ 

どうも、未だに疲れが取れない三犬でございます

コミックマーケット82に参加して参りました。ご報告したいと思います
コミケが何か知らない人は、以前の冬コミの記事をご参照に

では、さっそく行ってみましょう。私もさっさと記事を書いて戦利品を堪能するのですから。ウーラー!

そうそう、お金は崩して行くのがマナーです。2時ぐらいを過ぎると逆に万札が欲しいのですがね(数えるのとまとめるのが楽だから)
P1000648.jpg


では、行こう。同人誌からゲーム、誰得同人まで、コミケ攻略作戦だ!!



まずは1日目

不参加でした

ゲーム関連の同人や、好きな作家が何故か1日目に配置されていたので、行きたかったのは山々ですが、資金や宿泊場所の確保が困難だったため断念

コミケは毎回、少数派のジャンルの配置される日がころころ変わりますね(C81も同人ゲームが3日目でしたね)

まあ、いいや。さあ行くか




2日目

この日は前々から告知していた通り、武藤FP氏のサークル「日本戦争ゲーム開発」の売り子をしました

とりあえず1日の始まりから順を追って

まずは朝0500に起きるところから始まります
そして準備を整え、0624の電車に乗りました

ここで車内で気がつく。しまったカメラ忘れた
もうどうしようもないので諦めました。よって今回の写真は携帯電話で撮った上に数が少ないです。申し訳ない

山手線→りんかい線と乗り継ぎ、人が一杯の電車に乗り込みます。なんとか座れました

後は国際展示場に着くだけだなと思った矢先、東京テレポート駅で謎の停車、車内アナウンス
要約すると「国際展示場駅のホームが混み過ぎていて、進入が危険なため一時停止」とのこと
すげぇよコミケ。それに駅員さんも。死者怪我人が出ないのもすべて駅の職員の皆様のお陰ですね

やってきました、国際展示場
P1000651.jpg

この逆三角を見ると「ああ、コミケ来たんだなあ」と感じますね、東の待機列に並ぶと見えないですが


会場着0805、武藤氏は既に到着していて準備に取り掛かりました

私もC83の申込書を買って来たり、ブースの設営を手伝いました
準備が完了したブースがこちら
P1000652.jpg
P1000653.jpg


前回とあまり変わりませんが、いくつか変更点があります

1,ゲームのPVを見せるためのラップトップが配置
2,「日本戦争ゲーム開発」と書いてあるポスターが紙製から布製に変更
3,新作「WWⅡ英雄列伝ヴィットマン」の追加

こんなもんですかね


準備が終わった後、開場までは特になにもせずに過ごしていました。武藤氏は知り合いのサークルにあいさつに行っていたみたいでしたが

1000、会場。拍手が響き渡ります

最初の1時間程は、ブースにくる人は少なかったですね。他にお目当てのサークルがあったのでしょう
あ、ちなみに日戦開のゲームの在庫はけっこうな量があるので、遅くに来ても大丈夫です、はい。

1040、私はブースを離れて目当てのサークルに行って来ました。西ホール→東ホールへ行く順路は狭くて人のはけが悪いですねぇ

そして、数箇所のサークルを巡った後、ブースへと戻りました

一番ゲームが売れた時間帯は1130から1300の間くらいでしたね


少なくとも、当方のサークルの周囲では特に変わったこともありませんでした(私が武藤氏に間違われることもありませんでした。イベント初ですかね)
ちなみに、一応名前は出さないでおきますが、サークルに関わりの深い方が、3~4人ほどいっらしゃいました


1500、この時間帯になると、もう殆ど売れなくなります。雑談などしながらまったり

1530、撤収するサークルがちらほら

確かこれくらいの時間に1人買って行かれた方がいらっしゃたような記憶が……

1600、閉場の拍手
そういうことです。片付けに入りました

片付けも進む中、お一人ゲームを買われた方がいました。閉場しているけどまあいいよね


片付け中に2つ隣のサークルより差し入れ
A&Wルートビア
P1000655.jpg

私のブログでも散々名前を出しているあの炭酸飲料です。もちろん喜んでいただきました
うーん、旨い

ちなみに武藤氏は美味しいとも不味いとも言わずに「サロンパスだ」とのコメント

そして1640辺りに片付けも完了し、撤収に入りました

売り上げはパッケ代や旅費も考えると、「元は取れた」というレベルですかねぇ

皆さん、お買い上げありがとうございます

ここで、私の主観ではありましたがC82二日目の日本戦争ゲーム開発の記録は終わりとなります

ちなみに、この日の天気は曇りで、あまり暑くなく、そこそこ過ごしやすかったです。それでも水分(出来るだけスポーツドリンク辺り)は多めに用意しましょう




あとはその後の私の行動でも

少々用があったので秋葉原へと赴きました

そういえばその日は、アーマードコアⅤの元チームメンバーがオフ会をやると言っていました(私は参加しませんでしたが)

ここでちょっとした事が

私がtwitterで「今秋葉原にいる」とツイートしたわけですよ

そしたらチームのリーダーが「どこにいるの?」と言うのです

↓一連の流れ
私→リーダーへの返信「ガンダムカフェの辺りで砂漠仕様のブッシュハット被ってるナイスガイが私」
リーダー→私への返信「見つけたぞ、右を見ろ

あれですか、今あなたの後ろにいるの的なノリですか。怖いわ

まあそんな訳で、オフ会が始まるまで暇を持て余していたリーダー、元チムメン、合流した知人の3人で秋葉原のガンショップへ行って参りました

いろいろな商品が置いてありましたが、一番驚いたのが
エイリアン2に出てきたパルスライフルの電動ガンがあったこと
60387-1.jpg


あったんか、こんなの。かっこいいな


これでデッカードブラスターも置いてあったら最高だったな
c0179880_121558.jpg
※SF映画「ブレードランナー」の主人公リック・デッカードが所持している拳銃


そんなこんなで私はオフ会組から離脱し、時間を潰した後、宿泊場所を提供してくれた友人のアパートへと向かいました

コミケ2日目の任務、完了。就寝
3日目へ続く


3日目

起床は0610、準備をし宿主に礼を言い出発



早速未知に迷う
犬の散歩をしていたおじ様に道を聞き、駅へと向かう

0740、大崎駅で待ち合わせしていた友人と合流、国際展示場へ

0820、東展示場待機列に並ぶ。この後開場まで雑談などをしながら待機

ここで同じ待機列にいた中年の男性3人組のうちの一人と話す

俺ら:「今日は雨という予報なのに降りそうにないですね」
おじさん:「雨予報なんて鼻で笑っておけばいいんだよ、どうせ降らないから」

名言です

そう、コミケ時の東京、とりわけ国際展示場付近の悪い天気予報というのはよく外れます
実際、過去に予報では台風直撃だったのに、見当違いの方向に台風を跳ね返した事例などがあります

これがサイコフレームの共鳴か……


さらに飛び出すおじさんの体験談

友人:「いつごろからコミケに参加なされているのですか?」
おじさん:「バルセロナオリンピックの時からかな」

ん?バルセロナオリンピック……?

バルセロナオリンピック:1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会

20年前から…だと…

この瞬間からおじさま3人組が、私にはこう映った
46edcf1b411a21bb333738aed7195611_400.jpg


おじさまもとい、歴戦の猛者からは塩飴を頂きました。ありがとうございました

1000、開場拍手。開場こそしましたが、大量の人が中に入るのには時間がかかります

1025、私が入場。友人とは別れました

それからは特に目立ったことはありません。いつものように人の波に押されただけです

ただ一言だけ言いたいのは、前が明らかに詰まっているのに後ろから強引に押す奴は何なの、馬鹿なの、ガイキチなの

暑さ、人の波、押してくる阿呆、肌に付着したネッチョリするもの……
いい加減嫌になったので、目当てのものを買ったら撤収しました

そうそう、この日は予報は雨でしたが、実際の天気は曇り時々晴れ。気温はそこそこ高かったですが、直射日光が降り注ぐ去年の夏コミよりは幾分かマシでした

1230、会場離脱


さらば国際展示場!
P1000656.jpg
見ての通りいい天気です


その後ほぼ同じ時間に会場を離脱した友人と秋葉原で合流。コインロッカーを探すも全滅、上野駅のロッカーも全滅。しかたないので荷物を担いだまま時間を潰すことに
友人は帰りの電車、私は迎えの時間を合わせるために1600くらいまで秋葉原の喫茶店で時間を潰しました

秋葉原中央通のドンキのそばにある「タニマ」という喫茶店です
古き良き雰囲気が漂うお店で、喫煙OKという今となっては珍しい所です(私も友人も煙草は吸いませんが)

1600、喫茶店を出て友人と別れる。その後少しお買い物

1713、電車に乗り帰路に着く


色々あって

1930、帰宅


いやはや、今回のコミケも大層疲れました。確か計56万人が来場したとか

次は冬コミですねぇ。日戦開が受かったらまた売り子をやるかもしれません

ちなみに、今回のコミケの荷物、装備が7kg、戦利品が4kgありました。夏は水分などを多く持っていくので、必然的に重装備になりますね。おかげで肩が痛いのなんの

ではお次は戦果の報告でもいたしましょう



同人誌
P1000657.jpg

いつもの通り、まどマギ、百合、ミリタリー関連がほとんど
予定ではもう少し多いはずでしたが、事情により来られなかったサークルが多々あったので購入できませんでした
上段右から2番目のSKSカービン特集の本は必見です

同人ゲーム
P1000658.jpg

見ての通りですね。初期テストプレイしかやっていなかったのでヴィットマンも購入しました
あとは上段中央のゲームは「ルセッティア」などの人気同人ゲームを製作している「EasyGameStation」様の新作「もっとおす」ですね

会場をうろついていて面白そうだなと思ったのが、下段右の「東部戦線物語」です。独ソ戦東部戦線をRPGツクールで再現しようとしている辺り、当方のサークルに近いものを感じますねぇタワーリシチ?



マイクラ団扇
P1000659.jpg

わぁいマインクラフト、三犬マインクラフト大好き

ん?クリーパー先生!なぜここに!?

ちょ待てこっちくんなくぁwせdrftgyふじこ

コミケについて 

Pan-Pan Pan-Pan Pan-Pan

コミケが接近中、コードU、ユニフォーム、ユニフォーム


はい、そういうわけです。コミックマーケット82がいよいよ明日からですよ

用意するもの等は前回の冬コミの記事で書いたのでそちらを参考に

さてさて、今回は私の手伝うサークルの紹介をしましょう

概要

日時:2日目

場所:西は-14a

サークル名:「日本戦争ゲーム開発」

ミリタリー色の強いゲームを製作しております


では販売するもの一覧

・WWⅡ英勇列伝ヴィットマン 2000円

・ダンジョンアーミー 3500円

・ノイアーアンティーカロマン 1500円

・パトルカンパ版とDAEXキャンペーンのセット 1500円


軽くゲームの紹介でもしましょうか

WWⅡ英勇列伝ヴィットマン
Wittmann.png

第二次世界大戦のエース戦車乗り、ミハエル・ヴィットマンの軌跡を辿る伝記的SLGです

ゲーム内容は、フロントミッションやスーパーロボット大戦のように、マップのマスの上にユニットを移動させて、相手ユニットを破壊し勝利条件を満たすという内容です

このゲームは色々拘っている部分が有りまして
・主砲の貫通力
・対歩兵攻撃力
・砲塔と車体の合計6箇所の装甲厚
・避弾経始
・最速速度に基づく移動力
・初速と射撃統制装置などを加味して決めた命中率
・背の高さと速度を反映した回避能力
・視界や無線機の有無などを加味した偵察能力
・車高による隠蔽の容易さ
・乗員の練度

等々、同人ゲームにしては変態的に拘っているのではないでしょうか
だがそれがいい

登場兵器は、戦車、対戦車砲、野戦砲など

詳しくはhttp://wargame.jp/main/ww2vit/index.htm
上記のアドレスより

2000円でお買い求め頂けます


ダンジョンアーミー
da_top.png

このゲームは自動生成されるダンションを探索しながら、エンカウントする敵と交戦し、兵器を集めながらダンジョンのクリアを目指すゲームです

このゲームの拘っているところは、拘っているところは……多すぎて説明できません

まあ詳しくは公式ページか

それかPVでもご覧ください


登場兵器、戦車、装甲車、砲、小銃、機関銃、対戦車ロケットetc


お値段3500円、少々高めですがボリュームたっぷりです


ノイアーアンティーカロマン

narsennden.png


このゲームは……申し訳ないのですが私はプレイしていないので説明がしにくいですね

詳しくは公式ページより


お値段1500円、お買い得!

パトルカンパ版とDAEXキャンペーンのセット

DXset.jpg

軍事博物館を経営しながら、戦闘もして兵器を収集する、日本戦争ゲーム開発の代表作「パトルの軍事博物館」

マレー電撃戦からビンラディン殺害作戦まで、史実を再現した戦場を気軽に楽しめる、短編ミリタリーRPG「DAEXキャンペーン」

歴史ゲー?戦争ゲー?いえ、不謹慎ゲームの「防げ本土上陸 人間機雷 伏龍」と「決戦!桜花特攻隊!」

以上の4本がセットになったお得なパッケージです

特にパトルはお勧めの一本です

日本戦争ゲーム開発の作っているゲームの入門用といった内容ですかね。とっつきやすい内容のゲームが複数です

(※パトルの軍事博物館には日戦開に1000円寄付するとプレイできた「北朝鮮パッチ」が同梱されています)
詳しくは公式ページより
パトルの軍事博物館
DAEXキャンペーン
防げ本土上陸 人間機雷 伏龍
決戦!桜花特攻隊!


こんな感じですかね

では皆さん、会場でお会いしましょう!
来場お待ちしております!
続きを読む

ダークナイト ライジングを観てきた 

※米コロラド州の映画館でダークナイト ライジングの上映中に起きた事件がありました。非常に悲しい事件だと思います。被害者ならびに遺族の方にお悔やみ申し上げます




darkknightrising_07-8ecb9.jpg


昨晩、父がいきなり「バットマンを観にいこう」と言い出し、本日劇場まで足を運んで来ました

そこで、皆さん気になりますよね、バットマンの新作の感想

さてさて、まずは「バットマン」についてまとめてみましょう

バットマン:犯罪が蔓延る「ゴッサムシティ」にて悪と戦う。銃を使わない、不殺などを信条としたヒーロー。表向きの顔は実業家ブルース・ウェイン。豪邸に住みプレイボーイな一面も持つ。豪邸の地下にはバットケイブという洞窟があり、所謂秘密基地となっている。アメコミの他のヒーローと違い、超人的な肉体も通常では考えられない能力も持っておらず、高性能なスーツ、マシン、鍛え上げられた肉体が武器


こんな感じですかね。初期の原作コミックスだと普通に銃をぶっ放していたり、悪人を殺していたりしますが、まあそれは設定が固まっていないということで


今作「ダークナイト ライジング」はクリストファー・ノーラン監督によって作られた「バットマン ビギンズ」より続く3部作となっております。なので以前製作された4つの作品(バットマン、リターンズ、フォーエヴァー、Mr.フリーズの逆襲)については触れないでおきます



一言だけ言わせていただきたい


ジャック・ニコルソンのジョーカー

20120109_itanotomomi_06.jpg

ヒース・レジャーのジョーカー
5a9e7b24bd7c6baad72c9a8dd90df614.jpg

比べるのは無粋だと思う


だってさ、どちらも設定から何まで違うんだからさ
どっちもジョーカーだがそれぞれ違った味を出していると思うのです
何!?シーザー・ロメロも比べろって!?60年代ドラマシリーズは観てねぇよ!というか観る手段がわからんよ!


まあいいや。さあ行くか

※ネタバレは控えておきますが、多少ニュルッと出てしまうかもしれません。ご了承ください


ダークナイト ライジングのあらすじ



前作のジョーカー、トゥーフェイスとの死闘から8年後。ゴッサムシティは法改正によって作られた『デント法』の下、平和となっていた。その一方でバットマンことブルースウェインはデントの罪を全て自らが被り姿を晦ませていた。肉体的にも精神的にもボロボロとなり、引きこもった生活を送っていたウェインだったが、再びゴッサムに新たな脅威ベインとキャットウーマンが現れる。




では中身を見てみましょう

まずはキャラから

悪役はベイン
1f1780e638830b9b0811caf3b3eff2ee.jpg

傭兵集団の長で、常にマスクを被った男です

そして、彼の目的は……

世界征服!!
bai5.jpg


嘘です。ゴメンナサイ。今時そんなステレオタイプな悪役いないですよね

実は彼「バットマン ビギンズ」に出てきた「影の同盟」に関わっており、ゴッサムシティと文明社会に打撃を与えるべく暗躍します

警察を封じ込め、街の実権を握り、市民に「選択」を迫ります
その間、ゴッサムシティは刑務所から犯罪者を解き放ち、富裕層に対して略奪が発生し、財産は市民で分け合う。そんな無法地帯すれすれの状態になります

物資も配給、富裕層からの略奪、独裁状態……

これはまるで

\デェェェェェェン/
aka.jpg
サユーズ ネルシームイ リスプーブリク スヴァボードヌイフ スプラチーラ ナヴェーキ ヴィリーカヤ ルーシ!

まあ、ゴッサムシティは大変な状況になるわけですね

キャラとしては、今までの悪役の中でも最も強力な敵だったと思います。街一つを占拠してしまうのですからね。ジョーカーやトゥーフェイスのような正気を失った悪役というよりかは、ラーズアルグールのような明確な意思と目的をもった敵です。見た目も行動も三部作ラストに相応しい敵だと思います


他にも目をやってみましょう


ウェインの執事であり、よき理解者でもあるアルフレッド
aruhu.jpg

ウェインを支え、彼がバットマンとなるときも疑問を抱かずに支援してくれたアルフレッド

なんと序盤にウェインの元を去ってしまいます

あれですね、オペがいなくなったACfaの某ミッションを思い出します

有能万能理解者という執事のキャラを確立したとも言っても過言ではない彼がいなくなるのは大変寂しいものです


今作より登場、警官のジョン・ブレイク
jp-pub-photosub5-dkr_large.jpg

一時的に戦線離脱したゴードン刑事に代わってベインについて捜査をします

支配下にあるゴッサムシティでも諦めずに行動する不屈の精神の持ち主

誰かさんに色々似ている故、物語終盤で……

キャットウーマン
38ba35a672d29d00dbb9edb784808d03.jpg

キャットウーマンと名乗る謎の怪盗

僕の私見だが、まず行動の信念がよくわからない。過去を清算したい素振りも見せるが、特に重大なことを仕出かしたわけでもない(盗みぐらい)

他の作品同様、バットマンに協力したりしなかったり、敵と協力したりしなかったり

そして「猫」の要素がない。まずリターンズのように猫にカジカジされて復活したりとか、原作のように親族や本人が猫好きな描写も無い

そもそも頭のあれ!あれ最早猫耳でもなんでもなくただの暗視ゴーグル!

とどのつまり猫的な要素が足りんのです

しかし演技などを見ると良いキャットウーマンの役だと考えさせられます
そもそもキャットウーマン自体、誰の味方かわからないというキャラなので、その辺はしょうがないですね
狂っていない、目的を持つキャットウーマン、良いキャラクターだったと思います


他のキャラは特に設定の変更や行動の変化などは見られないですね

いい加減ゴードン刑事を休ませてやれよ、とかも思いましたが


そういえばジョナサン・クレインもちょっとだけ出てましたね
batman_begins1.jpg



では中身を見てみましょう

音楽などは雰囲気とマッチしていたと思います

アクションシーンは過去二部作に比べて、派手で長い格闘シーンや、カーチェイスシーン等は短めでした
どちらかといえば、バットマンの復活に焦点を当てていた作品だと思います

勧善懲悪なストーリーではなく、ウェイン最後の戦いという感じの中身でした

ただ、ちょっと気になる点もありました
ベインの行動理念が薄かった気がします。「影の同盟」が深く関わっているだけあって、ビギンズの焼きまわしのような気がしないでもない

あと黒幕(?)のぽっと出感

大立ち回りの末の大決闘を期待していると、痛い目を見るかもしれません

まあでもビギンズやダークナイトでも、悪役とハラハラドキドキな決闘するシーンなんてあまりないですよね。バットマンは経過が大事な気がします

それでも対ベインはあまり好かん

あとは終盤の警官隊と傭兵のぶつかり合いは良く出来てました。クライマックスに近づいている感じがして好きでしたよ

2時間45分という長さが全く感じられない内容となっていました。気がついたら映画に引き込まれているあなたがいるはず



とまあこんなものですかね。ダークナイト ライジング、あれこれ批判していますけど粗を探しているだけです。本当に楽しめた作品でした。もう一回劇場で観たいくらいです


特に終盤のとある人物の本名が分かるシーン、あれは次のシリーズを彷彿とさせるものでした(まあすぐには作らないし監督も同じではないだろうけど)

個人的にはダークナイト>ライジング≧ビギンズだと思います

バットマンは今後も様々な作品が登場すると思われます。これで終わりではないでしょう

バットマンよ永遠に(決して緑の映画ではない)

では最後に

ベインのテーマかっけえ