10 | 2012/11 | 12

あいむしんかーとぅーとぅーとぅーとぅとぅー 

この間の一応続編を書いております


http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1725308

スポンサーサイト

威風堂々 

映画「マジェスティック」をレンタルして観ました

MAJESTIC.jpg


同じタイトルの映画は2本ありますが、私が観たのは2001年のジム・キャリーが主演の方です

ジム・キャリーというと「マスク」の主人公や「バットマン:フォーエヴァー」のリドラー等頭のネジがいかれた一風変わったユーモラスなキャラで有名ですが、この映画のジム・キャリーは大いに真面目です

コメディ以外でも有能な役者だと思いますよ


さて内容ですが

共産主義者の疑いをかけられた主人公が自棄酒を喰らって車を運転していたら事故を起こしてしまう。流れ着いた先の町で二次大戦にて行方不明になったルークという青年に間違えられるが、記憶を失っていたため自分をルークだと思い込んでしまう。そしてルークの父と共に廃れた劇場の「マジェスティック」の再建を目指すが……という内容ですね


いやー良い映画を観ましたよ。ちょっと最後は狙っている感じがありましたが、私の好きな映画の1つになりましたね

なんか気に入ったと思ったら、監督が「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」と同じ人だったんですね

いやはや、お勧めの映画ですね

ドンパチ筋肉モリモリマッチョマンの映画も良いですが、こういうヒューマンドラマというのも悪くないものですね

三犬でした

最近買ったものとか 

さて、タイトルの通り最近買ったものですが

この間、親が東京の美術展、名前はえーと「メトロポリタン美術館展」でしたっけ、に行くと言ってたので暇を持て余していた私は付いていきました

メトロポリタン美術館のコレクションを東京の上野で公開しているみたいです

まあ、私は絵画に関する知識は微塵も持ち合わせていないので、「綺麗な絵だ」とか「よく描けてる」みたいな感想しか出てきませんでしたね。美術ってのはどうも苦手で


で、その帰りに買ったものですが
まずは撫子
nqu4.jpg

いや、これはリバティで安かったもんでね。私はロリコンではない、決して


次は静岡
qmbp.jpg


静岡ホームカミング北米版ですね

あの有名なサイレント・ヒルの作品ですが、なぜか日本では発売中止に

発売中止ですよ!日本のゲームなのに!
(ホームカミング自体は海外の外注作品。あの悪名高いフロントミッション:エボルヴを作った会社でもある。まあコナミのお偉いさんが日本で売れるレベルの作品と思わなかったのでしょう)

まあ、英語字幕に四苦八苦しながらプレイすることになるでしょう。幸い、文章を日本語訳したサイトも有るようですし

色々ビッグタイトルの発売が近い時期に買ったのはちょっと失敗かな、という考えも過ぎりましたがこれを売っていた店自体、物の出入りが激しい店舗なので、まあいつかやるということで(罪ゲー)


アサシンクリード3
h5Yq7.jpg

いよっ、待ってました。3年ぶりのシリーズのナンバリングタイトル
これは今日届きました

まだ冒頭を少しだけしかプレイしてないので詳しくは不明ですが、本当に良く出来た作品ですね。特に1からの進化を見ると凄まじいものです





さて、そういえば明後日にコミティアがあるんですね。行きたいのは山々ですが、ちょっと交通費が無いですかねー。2.5kはちょっと痛いですね

交通費をくれたら売り子の手伝いでもなんでもしてやりますよ。はい。まあそんな都合のいい話はないですよねー


売り子といえば、この間書いたとおり、日戦開は冬コミに落ちてしまったので、私はフリーな状態ですね

どっちにしろ冬コミには行くので、売り子を募集のサークルさんは声をかけてくれ、関数電卓と一緒に待ってるぜ!


あと、今日気付いたこと。コーヒーに砂糖を入れると不味い。やっぱりコーヒーにはミルクですね

近状 

最近、こんな物を書いているので、少々更新が滞ります


あとコミケですが、いつも手伝っている日本戦争ゲーム開発は落選しました。合掌

でも私は行きますよ。はい

加速装置! 

先日、映画「009 RE:CYBORG」を観て来ました

これは石ノ森章太郎の漫画「サイボーグ009」が原作ですね

そして監督は神山健治、攻殻機動隊S.A.Cの人ですね

さて、内容ですが……私の手に負えないので自分で観てください

というのも、私はサイボーグ009をまともに読んだことが無いのです、平成版のアニメを数回見た記憶はあるのですが


まあ、面白かったですよ。観て損はしないと思いますが、原作を読んでいないと理解できない部分が多いと思います。音楽も素晴らしいものでした

個人的な感想は、これは『サイボーグ009 神々との闘い編』のリメイクではないでしょうか
あらゆる事象に神がいるように見せながら、その神の正体は……

なんというか、観る人によっては凄く中途半端に終わってしまうのが少々残念ですね

ただ一言だけ言えるのは、「従来の009のように00ナンバーサイボーグが一致団結して敵を倒す」という内容ではないのは確かです
続きはどうぞ劇場で

さて、原作でもそろえますか

ところで、本作のキャッチコピー「終わらせなければ、始まらない」
ナイスですね。色々捉えようはあるとは思いますが、続編や新生009も有りではないでしょうか
私はそうは思いませんが

最後に一言、一人だけ出番が殆ど無かった奴がいる。合掌