06 | 2014/07 | 08

辛い物を食べた 

寒い冬に食べる辛い物は美味しいですが、夏に食べる辛い物も悪くないです

今回は飲料ではなく食品です

辛い食品を2つ食べてみました

私は辛いものは好きな方ですが、あまりにも飛びぬけて辛いものはあんまり好みじゃないですね。暴君ハバネロくらいの物がちょうどいいです

では見てみましょう

1つめは「暴君ハバネロ ハバ盛り」です

なんでも暴君ハバネロよりももっと辛いやつで、コンビニ限定とのことです

見た目
DSC_0582_201407311003595cf.jpg

中身はぎざぎざのリング状のポテトスナックが入ってます。普通のハバネロは滑らかな表面をしていますね

これを単体で食べてもさほど、というか全然辛くないです

そこで、袋に付属している小袋の中身をふりかけて食べます。中には辛そうな匂いのする粉が入ってます




もちろん全部一気に投入
DSC_0584_20140731100401fb6.jpg


その後良く振って食べてみた感想です



結構辛い、しかし一番辛かった「激辛マニア」よりは控えめ

瞬間的な辛さは強い

粉を吸い込んでむせた。食べるときは息を吸わないほうがいい




食べるときに油断しているとむせます。友人に食べさせたら案の定むせてました

結構辛いのですが、中身がちょっと少ない印象でした。袋を捨ててしまったので、具体的な重量はわかりません

コンビニ限定なので、スーパーとかでは見たことがないですね。お買い求めの場合はコンビニへ行きませう


ではもう一つ目

蒙古タンメン中本というラーメンチェーン店が東京にあるのですが、そこのメニューを元にしたカップラーメンです

蒙古タンメン中本自体は行ったことが無く、また調べると2008年からここのブランドの食品がセブンイレブンやイトーヨーカドーで売ってるとのことですが、あんまりカップ麺とかコンビニ弁当を食べないので、今まで知りませんでした

その蒙古タンメン中本のメニューの一つで、とても辛いラーメンの「北極ラーメン」をカップ麺にしたのが、今回食べた物です

では見てみましょう

見た目
DSC_0607.jpg

見た目からして赤いですね。共産主義色です


これにも小袋が
DSC_0609.jpg


スープの色からして辛そうですが食べてみましょう

感想です



スープがドロっとしている。強い唐辛子の匂い

辛いラーメンの中でもかなり辛いく、すすりかたをミスるとむせる

食べるつらさはペヤング激辛並み

食後に腹痛に襲われた



すきっ腹で食べるものじゃなかったですね……

これを食べるときは相応の覚悟をもったほうが良いです。主に数時間後にお手洗いで


辛い食品は美味しいですが、やりすぎも良くないと思いました

ではこの辺で、さようなら
スポンサーサイト

レッドブルのアルミボトルバージョンが発売 

レッドブルのアルミボトルが発売されたみたいです

従来のレッドブルは大きさが違う缶2種類が販売されてましたが、これはキャップ付きのものになったので蓋をして持ち運びが出来るようになりました。296円の税別です

また容量も330mlなので大きいサイズが欲しい人にはぴったりですね

といっても飲みかけに蓋ができるとはいえ、一度口をつけた飲料を放置しておくのは衛生上悪いので早めに飲みきる必要がありますが

コンビニで売っているので手軽に買えますね


とまあ普通のニュースサイトとかにも乗っていることを書いたのですが、ボトルのレッドブルは以前にもありました。前にもレビューしたペットボトルのレッドブルは日本の市場から姿を消しました。なんでも賞味期限の表記がアメリカ式(月/日/年)だかイギリス式(日/月/年)になってただがであっという間に自主回収されて無くなってしまいました

正直なんでわざわざ作ったペットボトルを止めてアルミボトルにしたのかは定かではありません

アルミボトルは買おうかと思ったのですが、中身は普通のレッドブルなので買わなくてもいいかなーって思いまして

まあコンビニとかで見かけたら買ってみてもいいんじゃないでしょうか

ではこの辺で、さようなら

ピンクドラゴンドリンクを飲んでみた 

ドラゴンフルーツって名前は聞いたことありますが、実際に食べたことは無いですね

調べてみると、果糖ではなくブドウ糖が含まれていて食べるとほのかな甘さがあるとのことですが、結構な人間が「味が無い」という感想を持っているみたいです

そんなドラゴンフルーツの品種の1つの桃肉種、通称「ピンクドラゴン」を飲料にしたのを飲んでみました

では見てみましょう

見た目
DSC_0600.jpg


キャップには沖縄バヤリースの印刷
DSC_0603.jpg

原材料とか
DSC_0604.jpg


飲んでみた感想です



匂い:風変わりな表現しにくい匂い

味:甘酸っぱいが、味は薄めでさっぱりしている

総評:悪くない

入手方法:沖縄のスーパー

原産国:日本(沖縄)

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:ドラゴンフルーツは食べたことが無いので比較は不可。果汁10%未満と表記しており具体的な数値は不明




ドラゴンフルーツを食べたことが無いからどれだけ味が似ているのかも比較できないですねえ……

最近知り合いの勧めで「装甲騎兵ボトムズ」をレンタルしてみているのですがとても面白いですね。あと周りで見たことある人が少ないからネタバレを食らったこと無いのがなお良いです

あと3週間でコミケですね。今回も何も問題なければいつものサークルで売り子をやっているので近くなったらお知らせしますね

カタログを見たら案の定用事があるのが1日目と3日目で困っています。主に交通費に

どうしようか考えています。最悪1日目に行かないという選択も……

まあどうにかなるでしょう

ではこの辺で、さようなら

「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」の感想 

先日「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」という映画をレンタルしてきて観ました。今日はこれの感想になります

そもそもこの映画を知ったきっかけがこの動画でした



戦車を知っている人なら知らぬ人はいないWW2のドイツの重戦車ティーガーⅠです

この動画のは本物ではなく映画の撮影用に作られた車両です

この動画の説明にホワイトタイガーなる映画に使われるという情報が書いてあり、こういう凝った物が見られると期待していました

しかし映画館での上映が東京と大阪の2つだけかつ、上映期間も非常に短かったので劇場ではみられませんでした。でも幸運なことにレンタルショップに並んでいたので、準新作になったときに借りてきて観たわけです

では映画の感想ですがネタバレ注意です



まず1人の戦車兵が撃破された戦車の中で瀕死の重傷を負っている状態で発見されます

彼は驚異的な回復力であっという間に傷が治りますが、記憶を失っていて自分のことは何も覚えていないためナイジョノフの名づけられます

ナイジョノフは戦車と話せると言い、撃破された戦車がどう破壊されたのか言い当てます。さらに戦車の神の声が聞こえるとまで言いのけます

そのころソ連軍はホワイトタイガーというドイツ軍の戦車に苦戦を強いられます(私はVI号戦車の呼び方はティーガー派ですが映画の通りタイガーとします)

そのホワイトタイガーは白いタイガー戦車で、どこからともなく現れてはソ連軍の戦車を次々と破壊していく謎の存在で、捕虜のドイツ兵さえ、それの正体が分からないものでした

ナイジョノフは部下と特別に改良されたT-34戦車を与えられホワイトタイガー討伐を命じられます



まあこんな感じの内容なんですが、感想としては非常に勿体無い作品でした

ホワイトタイガーやナイジョノフに関してなんですが、何故ナイジョノフは瀕死の重傷からあっという間に復活を遂げたのか、何故戦車と話し戦車の神の神の声が聞こえるのか。ホワイトタイガーは何者なのか、何故追跡中に消えたり自軍の後ろに突如現れるのか?そもそもラストでヒトラーと思われる者と会話していたのは誰なのか

すべて解りません

この映画は謎だらけで終わってしまうのです

しかし戦闘シーンはとても素晴らしいです

この映画に出てくる動く戦車はT-34、タイガー、Ⅳ号戦車なんですが、どれもよく出来ていて、ちゃんと砲塔も回転しますし、重量で地面に沈みますし、履帯もしっかりしています。内部もかなり良くできています(暗いけど)

唯一の不満はちゃんと砲弾を撃ち出している訳ではないので反動を受けていないところですかね。そこはわがまま言いすぎですかね

当然撮影用の戦車なので実際の戦車みたいな速度では走りません。戦車って遅いイメージがありますが、整地だと30km/h~50km/hくらい出せる戦車も存在します

なんというか特別に改造された戦車が謎の敵軍戦車を撃破するというだけで終わっていれば良かったのですが、この映画では引き分けで終わってしまいます。そうこうしているうちにドイツが降伏して戦争は終わってしまいます

終盤は結構な時間を終戦協定に費やされるので戦車戦はありません

あと謎のシーンがたまにありましたね。戦車をアンブッシュする際に木の枝で車体を隠すのですが、隠れている場所から抜け出した後に車体に引っかかっている枝に火が燃え移るシーンとか、終戦協定を結ぶシーンでつまずいて転ぶ記者とか、ドイツ軍人がフローズンベリーを食べてるシーンとか、意味ありげに写されているけど全く意味が箇所が何箇所かありました

うーん、まあ観て面白かった映画ではありますが、理想と違ったというか

でも戦車の出来は良いです

余談ですが、上記の動画に出てくるタイガーは撮影には使われていません。強度が撮影に耐えられるものではないと判断されたためです、噂だとスターリン重戦車を改造してタイガーに見せたとか

劇中のセリフに「奴(ホワイトタイガー)は何度でも現れる」とあるので、是非ナイジョノフとホワイトタイガーの決着編は観てみたいですね。続編を所望します

ではこの辺で、さようなら

ダイエットドクターぺッパーを飲んでみた 

いやー、一気に暑くなりましたねぇ

私夏は冬より嫌いですが、どちらかといえば暑さの耐性は結構ある方なんですよね。クーラー嫌いなのも関係するのかしらん

先週の日曜日にガルパンのOVAの上映を観にいって、あとコミケのカタログを買ってきました

OVAに関しては皆もう情報や感想が出回っているのでパスして、カタログなんですけど、ちらっと見た感じ1日目と3日目に用があるんですよね

今回はいつぞやみたいに2日連続で泊まらせてもらうのも無理っぽいので、1日目に普通に行って帰ってきて、2日目は何もしないで3日目に売り子っていう予定ですかね

まあまあカタログにじっくり目を通してないので確定事項ではないですが、ジャンルの振り分けを見るとそうなりそうです。特に1日目は企業ブースに行きたかったり

さて、本題に入りませう

今回はダイエットドクターペッパーを飲んでみました

肥満大国とも言われてしまうアメリカには様々なダイエット飲料がありますね

ダイエット飲料と言っても飲んで痩せる飲料ではなく、ただ砂糖や果糖の代わりに甘味料が使われているから太りにくいだけなんですが、どうもこの甘味料は身体に良くないと最近になってよく聞くようになりましたね。どう良くないのかは「甘味料 危険」とかで調べれば一杯でてきます

そんなダイエット飲料ですが、日本で売ってるのはそんなに無い気がしますが、あちらの国ではどうなっているのでしょうね。以前飲んだダイエットルートビアはとても不味かったですが

では見てみましょう

見た目
DSC_0587.jpg


飲んでみた感想です



匂い:匂いは本家と同じ

味:甘味料の味が強くて、あの薬っぽい味(杏仁豆腐の味とも)が損なわれている

総評:微妙。よほど糖分やカロリーが気にならない限り飲むべきではない

入手方法:イオン内の輸入食品店で入手

原産国:アメリカ

リピート性:☆★★★★(星1つ)

その他:




甘味料の味しかしねえ

カロリーゼロの飲料は大抵おいしくないんですが、個人的にはセブンアップクリアドライとペプシNEXは結構イケると思います

暑い季節はつい飲料を飲みすぎてしまうから、ペットボトル症候群なんかにも気をつけないといけないですねえ

ではこの辺で、さようなら

グァバドリンクを飲んでみた 

グァバドリンクを飲んでみました

ちょっと時間が無い中の更新なので簡潔に済ませます

これは沖縄のスーパーで買ったグァバの飲料です

以前はこれの葉を使ったお茶を飲みましたが、今回は果実を飲料にしたものです

では見てみましょう

見た目
DSC_0570.jpg


原材料とか

DSC_0574.jpg


キャップには沖縄バヤリースの文字が

DSC_0572.jpg


そういや震災の後ってキャップが真っ白の飲料が一時的に増えましたよね。あれは印刷したキャップが無くてしょうがなく白いのを使ったって話を店員が話してたのを聞いた覚えが


飲んでみた感想です



匂い:甘そうな独特な匂い

味:グァバ特有の変わった味がする。桃のネクターに酸味のする果実を加えたような味

総評:グァバは美味い

入手方法:沖縄のスーパーで入手

原産国:日本(沖縄)

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:細長いペットボトルで内容量350ml




グァバって独特な風味が美味しいですよね

沖縄土産も残り3本になってしまいました

やっぱりこういう物は現地で買った方が種類も多いし値段も安く済むのですが、どうしても旅行というのは手間がかかるから簡単には行けないのです

あと経験的に同じ関東地方に分類される県でこういった飲料を探すと案外見たことあるものばかりだったり

次回の更新は昨日飲んだダイエットドクターペッパーの予定です

ではこの辺で、さようなら

コカコーラ レモンを飲んでみた 

コカコーラレモンを飲んでみました

これは6/30より全国のセブンイレブン限定で発売中で在庫がなくなり次第終了です

なんでも9年前にも同じものが販売されていて、9年越しに復活した商品らしいですね。私は9年前に飲んだことはありませんね

では見てみましょう

見た目

黄色いラインが入ってるので普通のコーラと区別しやすいですね
DSC_0585.jpg

原材料とか
DSC_0586.jpg


飲んでみた感想です



匂い:コーラ

味:そのまんまコーラにレモン味が追加されている。皮の苦さは無くレモンの香りが添加されている程度。ペプシツイストよりレモンの味は薄い

総評:まあまあ。比べるとペプシツイストの方が好き

入手方法:コンビニ(セブンイレブン限定)

原産国:日本

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:キャップとラベルの一部が黄色いからわかりやすい。無果汁でレモン風味はフレーバー




どうしても似た商品のペプシツイストと比べてしまいますけど、ペプシツイストの方がおいしかった記憶がありますね

最近ツイストを見ないと思ったら製造終了してたのですね。あれ好きだったのに

どうもコカコーラチェリーといいコカコーラレモンといいなんだか中途半端な気がするんですよね。バニラコーラは文句なしだったのですが

これを飲むともう一度ペプシツイストが飲みたいですねえ

再販しないかしらん

ではこの辺で、さようなら