09 | 2014/10 | 11

スーパーサルミアッキを食べてみた 

スーパーサルミアッキを食べてみました

スーパー……?

何がスーパーなのでしょう

スーパーと聞いて思いつくものと言えば

これとか
img_0.jpg

この人とか
superman_returns_13.jpg

この場所とかモイラ許さん
ScreenShot48.jpg

この機体とか
35.jpg


まああれですね。スーパーとは「超」とか「上位の」とかを現す言葉なので、「あれがこうだからスーパー」と一概に言えることではないですね

食べてみれば分かるでしょう

前回の普通のサルミアッキに関してはこちらから

では見てみます

見た目
DSC_0717.jpg


ここで気がついたことが一つあります

以前食べたサルミアッキはパッケージに「SALMIAK」と書いてありました。しかし今回食べたスーパーサルミアッキには「Salmiakki」という綴りです

参考画像
IMG_20140303_141609123.jpg


同じFazerというメーカーのサルミアッキなのになぜ表記が違うのですかね

サルミアッキはフィンランド語で「salmiakki」。スウェーデン語・デンマーク語・オランダ語では「salmiak」と書くそうなので、スーパーの方はフィンランド語表記のようです

なぜこうなっているかは少し調べただけでは分かりませんでした

フィンランド語表記の通販サイトで「salmiak」と書いてあったから略語の可能性があるやも?

しかし肝心なのは中身なのでさっそく食べてみましょう

粒はノーマルに比べてちょっと大きい。そして丸い
DSC_0716.jpg


食べてみた味ですが、口に含んだ直後はサルミアッキです。甘くてしょっぱくて、ちょっと苦いような味と、あの独特なリコリスの味がします。その後あまり目立たないのですが少しずつミントのすっきりとした味が付随します

感想としては、やっぱり美味しいですね。この独特の味は最高ですし癖になりますね。ただ普通のサルミアッキのほうが私は好きですね。スーパーサルミアッキは普通のサルミアッキにミント風味が加わっているものでした

価格はAmazonから買ったので750円程度、フィンランドのヘルシンキから発送されたので、注文確定から到着まで1週間強かかりました。とても離れているのに1週間で届くのは驚きですね

しかしこれは上記の通販サイトでは1箱1.16ユーロ(161円)だったので、やっぱりちょっと高いですね。でも送料を考えるとまあこんなものでしょうね。日本では店頭でサルミアッキを売っている店が確認できないので、そうしても割高になってしまいます(昔はIKEAに売ってたそうな)

フィンランドには飴のサルミアッキ以外にもサルミアッキ味のチョコレートとかアイスとかウォトカとかもあるそうですね
送ってもらいたいものです。決してネタにするためにではなくて心から美味しいと思っているのでフィンランド在住の方は送ってくださっても良いのよ(今月は誕生日でしたし)

お金に余裕ができたらサルミアッキ味のチョコレートを輸入したいと考えていますが、当分先でしょうね

べた褒めしましたが、日本では世界一不味い飴とか不名誉な呼び名があるので、買うときは覚悟を持ってください

ではこの辺で、三犬からさようなら
スポンサーサイト

ラムネ さくらんぼ味を飲んでみた 

日本のさくらんぼとアメリカンチェリーってずいぶん味が違いますよね

私は最初チェリーコークを飲んだときは(何故か)日本のさくらんぼを連想していたため味が予想と違った覚えがあります

今回は日本のさくらんぼの味がするラムネです

見た目
DSC_0706.jpg

原材料とか

DSC_0707.jpg


ビー玉で栓をする昔ながらのラムネ
DSC_0708.jpg


ところでこのビー玉なのですが、なぜ「ビー」と呼ぶのか諸説ありまして、ポルトガル語でガラスを意味するビードロが短縮されてビー玉になったという説と、ラムネ瓶に栓をできる物を「A玉」大きさが合わなかったり傷がついていた規格外のものを「B玉」と呼称したという説の2種類を聞いたことがあります。どっちが本当なのですかね


では飲んでみましょう



匂い:さくらんぼ味の駄菓子に似てる

味:さくらんぼの風味のラムネ。ラムネの味よりさくらんぼの味が香りさわやかな味

総評:美味しい

入手方法:土産なのだが、誰がどこへ行ったときに貰ったのか不明

原産国:日本(山形)

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:ビー玉で栓をしてある昔ながらのタイプ




美味しいですね。チェリーコークみたいなのもよいですが、さくらんぼのこういう味も悪くないですね

そういえば先週の休日に家族が北海道に日帰りで旅行したとかでガラナが今日届きました。なんでも懸賞に当たったとかで、日帰りで北海道っていけるんですねぇ

ガラナは美味しいですが、本州だとガラナアンタルチカとコアップガラナがたまに手に入る程度なので嬉しいお土産ですね。秋葉原に行くと飲料と何も関係なさそうなお店キリンのが置いてあったのですが


ではこの辺で、さようなら

セブンプレミアム具付きつけ麺を食べてみた 

もともとブログの記事にしようと思って買ったものではないので写真とかはありません。番外編です

セブンイレブンの「具付きつけ麺」が美味しいとネットでよく見かけるようになって(大体今年の8月~9月)から気になってしました

私はラーメンは大好物ですが、お店で食べるのとインスタント系は別の元として考えています。なので今まで気にもかけませんでしたが、今日昼食を探しにコンビニに行ったら目に入ったので思い切って買ってみました。270円です

まず中身ですが、具と麺が一緒に入った袋とスープの袋の2つです。特にお皿の代わりになるものは入ってないので、スープ用と麺用の2つが必要です。具と麺の袋を、具が入っている面を下にして電子レンジで暖めます。600Wで5分30秒だったかな

その間にスープを器に出し、100ccのお湯で薄めます

麺の加熱が終わったら、あとはお皿に移して調理は終わりです

一応調理法には加熱が終わった麺をざるに移して水で冷やすとありましたが、めんどくさかったのであつもりでいいやとなり、そのままにしました

中身ですが、麺はなんと300gもあります。お店によりけりですがつけ麺の中盛くらいの量でしょう

味は魚介系で、後味にゆずの香りがします

結構美味しかったです、270円でなかなか美味しいつけ麺300gも食べられるのはお得ですね

コンビニ飯も侮ってはいけないですね。ただこれは値段がそこそこなのと、別途お皿が必要なので学校や職場等の出先では食べられないですね。完全に家で食べるものです

近くにセブンがある方にお勧めです

ではこの辺で、さようなら

コーヒーモンスターを飲んでみた 

コーヒーモンスターを飲んでみました

発売は2014年10月7日です。まだ発売されたばかりですね

なんでもコーヒー味のモンスターエナジー、というよりモンスターエナジーの成分が含まれているコーヒーらしいです

では見てみましょう


見た目
DSC_0683.jpg

原材料とか
DSC_0687.jpg


DSC_0688.jpg


飲んでみた感想です


匂い:カフェオレの匂い

味:ねっとりとした甘さのカフェオレ。モンスターエナジーの味は一切しない。コーヒーの風味は薄めで、コーヒーフレーバーの付いた甘い飲み物といった感想

総評:あまり美味しくないコーヒー

入手方法:コンビニ(近所のコンビニにはコーヒーの棚にあった)

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆★★★(星2つ)

その他:炭酸飲料ではない。スチール缶




いまいちでしたね。コーヒーが飲みたいなら缶コーヒーが安く売ってますし、エナジードリンクが飲みたかったら同じ値段で買えます。もっと日本で商品化されないモンスターエナジーシリーズの開発をしたほうがいいんじゃないですかね(アメリカでは30種類くらいのモンエナがある)

正直エナジードリンクは効き目ではなくて味で飲んでるので、エナジードリンクの味がするけど中身は普通の炭酸飲料みたいな商品が出たらヘビーユーザーになりそうです

ちょっと変わったコーヒーが飲みたかったら買ってみるといいです。これはコンビニのエナジードリンクのコーナーではなくコーヒーの横に置いてありました

ではこの辺で、さようなら

モンスターエナジーM3を飲んでみた 

モンスターエナジーM3を飲んでみました

これはモンスターエナジーを3倍濃縮したものとのことで、量が少なくなっておりまして本家と違い瓶に入ってます

量は少ないですが成分は缶のとほぼ変わらないので、缶のは量が多くて飲みきれない時とかに良いのでしょうか

ちなみに私は瓶エナと呼んでます

では見てみましょう

見た目
DSC_0676.jpg

原材料とか
DSC_0677.jpg

成分
DSC_0678.jpg

キャップにはおなじみのマーク
DSC_0679.jpg



アメリカにも瓶エナはあるようですが、日本のとは違い瓶が縦に長くスリムでキャップではなく王冠で栓をしているようですね


飲んでみた感想です


匂い:普通のモンエナと大差なし

味:基本の味は普通のとあまり変わらないが、甘さと酸味が若干強い気がする

総評:本家と変化はあまり無い。本家が大きめの缶なので少し飲みたい人に向いてる。逆に量が欲しい場合は注意

入手方法:コンビニ

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)【※缶のは星5つ】

その他:炭酸飲料。150mlで値段は変わらず。成分3倍濃縮だとか




味はほとんど変わらなかったですね

私は缶のモンエナが好きな理由の一つに、数あるエナジードリンクの中でも値段が同じなの量が多いところがあります。なので味が変わらず値段も同じな瓶エナにはあまり魅力を感じないですね

これを有効に飲める機会は、「トイレに行く回数をなるべく減らしたいがエナジードリンクを摂取したい」時、つまりコミケのようなイベントの時ですね(しかしビッグサイト内のファミマにはレッドブルしか置いてない)

そうそう、確か今日発売だった覚えがありますが、モンスターエナジーの新商品モンスターコーヒーがリリースされたので今日買って帰りました。もう飲んでみて感想もまとめたので明日か明後日辺りに記事にしますね

ではこの辺で、さようなら

Dark Chocolate Pomegranateを食べてみた 

タイトルが英語で分かりにくいですが、公式サイトには「BROOKSIDEチョコレート | ダークチョコレート ザクロ」とあります

これはコストコで買いました。コストコはとにかく安く大量に買えるのは嬉しいのですが、飲料にせよ食料にせよ飽きるという問題が付きまといます。コーラとかアーモンドチョコレートのようなどれほど食べても美味しいものなら問題ないのですが、今回食べたようなものもあるという例ですね

では見てみましょう


見た目
DSC_0666.jpg

文庫本と比べてもこの大きさ
DSC_0667.jpg

チョコはこんなの
DSC_0668.jpg


中身のチョコレートは粒の大きさがばらばらで、大きいのもあれば小さいのもあります


食べてみた感想です



カテゴリ:チョコレート

価格:1580円(907g)

匂い:チョコレート

味:ざくろ味のチョコとは書いてあるが、ざくろの風味のほかにも、レモンやベリーの味もする。甘さ控えめのダークチョコレートの中に果汁グミが入っている。チョコレートの大きさはまちまち。味はしっかりとざくろやベリー系の味がする。チョコレートの味よりもざくろや他の果物風味が前面に出てる

総評:まあまあ美味しいが、飽きるのが早い

入手方法:コストコで入手

原産国:カナダ

リピート性:☆☆★★★(星2つ)

その他:明け口があるが、袋が固くて開け難かった。密閉するためのチャックも固い




大量にあって安いのは嬉しいのですが、ちょっと飽きるのが早い食べ物でした

こういうのって旅行とかパーティーなんかで大人数相手に振舞うのに向いてますが、個人で消費するのはちょっと……

しばらくは無くなりそうにないですね(既に購入から1週間経過)

今後コストコでは慎重に買い物をします

その他のところに袋が固いと書きましたが、日本のメーカーの菓子類の袋は大変開けやすいですね。飲料だとラベルを剥がすミシン目がありますが、あれも海外製のは破きにくかったりします。日本のはこういうところにも気が利いてるのでしょうか

ではこの辺で、さようなら