12 | 2015/01 | 02

豆乳飲料バニラアイス味を飲んでみた 

紀文というメーカーの豆乳シリーズのバニラアイス味を飲んでみました

去年のこのシリーズのコーラ味を飲みましたがそのシリーズです

このメーカーの新しいことにチャレンジしながらもちゃんと美味しいものを作ってくるれる所が好きですね。ソイッシュとかいうのも見習って欲しいです。もう無いけど(多分)

では見てみましょう

見た目
DSC_0794.jpg


成分原材料の写真は撮り忘れてしまいました。最近それが多いので気をつけないと

飲んでみた感想です



味:これまた本当にバニラアイス。液体なので溶けたバニラアイスを飲んでいるような感覚。豆乳風味は後味に強く感じる

総評:美味しい

入手方法:スーパーなど

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:特になし




結構いけてました。まぎれもなくバニラアイス味です

お菓子とか作ったことがある方はご存知でしょうが、バニラエッセンスって単体だとすっごく苦いのですよね。苦いのですがあの香りがする液体なのです

これはなんか気が向いたときにまた買いたいですね。この豆乳飲料はコンビニよりスーパーのほうが品揃えが良いです

2月の23日からこのシリーズの新味でうめ、もも、ジンジャーエールが登場する模様です。ジンジャーエールは絶対に抑えておきたいですね

ではこの辺で、さようなら
スポンサーサイト

ゼビア チェリーコーラを飲んでみた 

ゼビアというブランドのチェリーコークを飲んでみました

これは車で30分ぐらいの距離のショッピングモール内に店舗がある輸入食品店で見かけました。買った時を良く覚えています。大晦日でした、去年の大晦日はコミケがなかったのでゆっくりできましたね

それでこれが置いてあったので買ったのですが、まずはご覧ください

見た目
DSC_0772.jpg


そう、缶を見ての通りゼロカロリーなのです。ゼロカロリーは確かに糖分が気になる場合には良いものかもしれませんが、何せ味が良くないです。カロリーの無い人口甘味料を使用してまして、砂糖や果糖などには遠く及ばない味です(特に後味)
しかも最近の研究だと人口甘味料もそれはそれで健康に影響があるとかなんとか


でも、セブンアップみたいにゼロカロリーでも美味しいものがあるかもしれないじゃないですか

※個人的なゼロカロリー飲料の感想
許せる:セブンアップ
ぎりぎり許せる:ペプシNEX
許さん:それ以外


貼り忘れてました原材料とか
DSC_0773.jpg


飲んでみた感想です


匂い:チェリーっぽいがあまり匂いはしない

味:チェリーの風味はするがこれがまたどうしようもない人口甘味料の味。甘さも弱く後味も悪い。そもそもコーラの味も貧弱でサイダーみたい(訂正:人口甘味料ではなく天然の甘味料でした。案外味の系統が似ていましたが、私の舌は相変わらず可笑しかったです

総評:とても不味い。よほどカロリーに困らされていない限り避けたほうが吉

入手方法:イオン内の輸入食品店

原産国:アメリカ

リピート性:☆★★★★(星1つ)

その他:アメリカは何でもゼロカロリーがあるが全部いまいち





せっかく美味しいものを飲み食いするのですからその時ぐらいカロリーとかは気にしたくないのですよ。砂糖がたくさん入ってる飲料は美味しいのです。その分後日運動すれば良いのです、30分歩くだけでも大分違います

しっかし海外のゼロカロリー飲料のラインナップ(とその不味さ)は多いですねぇ

何だかセブンアップが飲みたくなったので明日にでもコンビニに寄りますかね

ではこの辺で、さようなら

湯けむりサイダーを飲んでみた 

湯けむりサイダーを飲んでみました

これは去年12月に草津へ旅行に行きましたが、その時に土産物屋で買ったものです

見た目
DSC_0780.jpg

どこと無く以前飲んだ湯あがり堂サイダーに似ている気がしたのですが、写真を見返しても瓶の大きさ以外に共通点はありませんでした

では飲んでみた感想です



匂い:サイダー

味:すっきりとした味で、甘さも炭酸もやや控えめだがこれはこれで美味しい

総評:良いものだけど、量が少なく入手もしにくい

入手方法:草津温泉の土産物屋で入手

原産国:日本(群馬)

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:以前紹介した湯あがり堂サイダーに似てるが関係は無い模様。なお味も似ている。内容量120ml





すっきりした甘さで炭酸もやや控えめなところが湯あがり堂サイダーに似ていました。日本でサイダーといえば三ツ矢サイダーが真っ先に出てきます。あれはあれで美味しいのですが、炭酸が抜けてくるとただの甘い汁になってしまうのですよね。その点ではこういう系統のサイダーももっと欲しいところです

そうそう、去年の沖縄土産で沖縄バヤリース製の飲料を2本ほど紹介しましたが、製造装置の老朽化や後継者問題を理由に去年12月30日に解散してしまいました。歴史のある飲料メーカーが無くなってしまうのは哀しいです。しかし別メーカーが沖縄バヤリースの商品を製造販売することが決まっており、味も以前のものに近づけるようです(もう製造開始しているかは不明)


沖縄にはまた行きたいですねー。よく対極的な質問で沖縄と北海道どちらに行きたいかと問われますが、私は沖縄のほうが好きですね

次回はとても美味しくなかったチェリーコークの予定です

ではこの辺で、さようなら

C87攻略作戦~大買物~ 

C87のまとめです

今回は特に企業などへは行かず、一般のサークル多数と壁を少々回った程度でした。今個人的に熱いのはストライクウィッチーズと艦これですね。スト魔女はOVAが発売されましたがそれでもサークルの数は少なめです。一方艦これはまだ人気があるので(最速は昨日の深夜、私の地域では今夜にアニメの1話が放送です)、島中のサークルでも並んだり、島の通路が混んでいたりしてましたね

では細かく書いていきます


1日目


行かなかったので準備をしてました。でもストライクウィッチーズの一部のサークルやメカ・ミリタリー系がこの日の配置だったので行こうかと思ったのですが、予算や宿泊場所の確保が難しかったので断念。スト魔女のサークルは1日目と3日目に配置されていました。聞いた話ですと、サークル申し込みの際にジャンルを「アニメ」か「男性向け」かで配置される日が違うとか(サークル申し込みしたこと無いので詳細不明)。

この日の天気予報では2日目の朝は雪となっており戦々恐々。どっちみち雨か雪の予報だったが、参加する日に雨天なのは初めて

2日目

2日目は雨でした。行きたい壁は少なく、企業などにも用事は無かったので遅めに出発。会場着が0915辺り。この日は知り合い(以降サメ氏と呼称)と一緒に行動しました。サメ氏はコミケ初参加だそうです(同人イベントの経験はあり)

この日は結構強めの雨でしたので少し雨宿りしてから待機列へ行きました

入場後はまず前もって友人から頼まれていた同人誌を確保しに行きましたが、残念ながら完売しておりました。そして自分の回りたいサークルを一通り回って買物をして、13時ごろに会場を離脱しました

離脱後は夜に泊めてもらう友人の時間に合わせるためサメ氏と喫茶店で時間を潰しました

17時ごろにサメ氏と別れ、19時ごろ友人と合流して、戦利品をちら見した後就寝。翌日に備えます


3日目
この日は売り子です。0530に起きて会場へ行きました

ここ何回かサークルの配置はお誕生日席だったのですが、今回は島中でした。分かる人には分かると思われますが、お誕生日席は出入りが楽な上にポスタースタンドなんかも立てやすいのです。島中は両脇に他サークルさんがいらっしゃるのでパイプ椅子に座るのも一苦労です(隙間はほぼ無い)

そして設営できたサークルの様子がこれです
B6D-DVQCAAA34Oe.jpg

ダンボール製のティーガーⅡが鎮座してます
B6D-Rw3CUAA0Lrq.jpg

近くで見るとよくわかりますがこのティーガーⅡはすごく良くできてます。なんでもダンボールで戦車を作るというセミナーの講師が作ったとか


私は開場と共に買物に出かけ、90分くらいしたら戻りました

特に変わったことはありませんでしたね、サークル主である武藤FP氏には知り合い等が会いにきました

大体同人ゲームの売れるピークは1100~1300くらいです。一通り同人誌を買った人たちがやってきます。同人ゲームは相当有名でない限りそう簡単に完売はしないので、優先的に買うべきものを買い終わった人たちがこの時間帯にやってきます

今回の売り上げはパトル2が出た直後の前回に比べると当然落ちますが、その上いつもより若干売り上げが低かった気がします(カウントしてないので体感)

その後は普通に閉場となったので、片づけをして解散しました

その後は友人と秋葉原でちょっと高めお肉を食べた後、帰路につきました。初めて万世に行きました

今回の冬のコミケは6年ぶりに大晦日と被らないコミケでしたので、帰ってからゆっくり戦利品を読む時間がありましたね。例年通りだと、帰って寝て起きたらもう新年なので初詣や親戚の家などに連れ出されてました


さてでは買ってきた戦利品です。混ぜて写真を撮ってしまったので2日目と3日目の戦利品が一緒です


艦これ漫画
DSC_0775.jpg


艦これ小説
DSC_0778.jpg


スト魔女やその他色々
DSC_0779.jpg

唯一買ったグッズ
B6pp6AkCEAAYUz-.jpg

金属ホルダー付きВерный耐熱グラスです。同人グッズと侮る無かれ、なかなか保温性も良い上にホルダー付きなので熱いものを入れても大丈夫です。写真では紅茶が入ってます


他、写真はありませんが同人ゲーム数点、同人CD2枚

そういや今回はR18な同人誌は買いませんでしたね


今回面白かった同人誌は、前の記事で書いたフィンランドの同人誌や、2枚目のサイバーパンク艦これSF小説の「電脳軍事探偵あきつ丸」、や帝国海軍の各艦の料理をあつめた「提督の食卓」などなど、あとは1枚目の真ん中にある響と提督がサンクトペテルブルクを旅行する漫画などなど、どれもこれも面白いものです


次に参加する同人イベントはまだわかりません。サークル参加するのはコミケだけでしょうが、なんらかのオンリーイベントに行くかもしれませんし、コミティアとかに行くかもしれません。でもあまりそういうイベントって行かないのですけどね。ブログに書いてある以外のイベントには基本参加してません


ではでは、今回のコミケのレポートは以上です。ちょっと飲料のメモがたまっているので明日以降は飲料での更新となります。そうそう、今週末にエーゲ海の女神を観にいきます。スト魔女の中でも一番好きなキャラがメインなので楽しみです

ではこの辺で、三犬からさようなら

Halva サルミアッキを食べてみた 

皆様、あけましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。このブログはコメントこそ少ないですが、カウンターを見て1日18人前後の方が閲覧してくださっているのを励みに更新をしております。今年もばんばん変わった飲食物を食べていきたいです

なお、コミケのレポートですが、まだ新年のごたごたからやっと解放されたばかりなのでもう少々お待ちください

さて新年1発目ですがサルミアッキの記事とさせていただきます

このサルミアッキは日本での入手が大変困難です。入手した経緯ですが、コミケ3日目にフィンランドからのサークルさんがいらっしゃってまして、そこでの新刊セットを買うともれなく数種のうちのサルミアッキが貰えたので今手元にあります。私が選べたのはFazerのサルミアッキと同じメーカーのスーパーサルミアッキ、あと今回食べたHalvaのサルミアッキでした。Fazerの2種は既に食べたのでこれを選択

これがフィンランドの同人誌とサルミアッキ

DSC_0771.jpg


同人誌もなかなか面白かったですよ。フィンランドがテーマの4コマ漫画(登場キャラが日本の作品のが多かった、もしかして全部?)とそれの解説付きでした

そしてこちらがサルミアッキの箱
DSC_0767.jpg


右がセットで購入したHalvaのサルミアッキで、左がコミケ前に個人的に購入したFazerのサルミアッキです。Fazerのサルミアッキとスーパーサルミアッキは既に記事にしているので、興味がある方は昔の記事をどうぞ


中身
DSC_0770.jpg

左がFazerのサルミアッキ、右がHalvaのサルミアッキです。Halveのサルミアッキはひし形というのはFazerと共通ですが、大きさが不ぞろいでした

あと箱ですが、Fazerのは簡易的なロック機構がありまして、箱を逆さにしても中身がこぼれません(確か昔の記事でこれは書いてなかった気が)。しかしHalvaのはそういうのは無いので、気をつけないとポケットの中とかでこぼれそうです。まあでもサルミアッキ持ち歩く人ってあまりいないですよね

では食べてみた感想です


まずしょっぱくない。甘さも黒糖のような甘さでリコリスやアンモニアの匂いも控えめであり、Fazernのものに比べてずいぶんマイルドな味。ただあのなんともいえない味は若干ながら健在なので苦手な方は注意。Fazer製とは違い、食べているうちに結構やわらかくなる

私は昆布が苦手なのでわからないが昆布飴に似てるとも




これは結構美味しいですよ。冗談抜きで。Fazerのと比べてずいぶん食べやすいです。初心者に勧めたいところですが、そもそもこれは入手が難しいのでフィンランドに観光に行かれた際は是非

では皆さん、今年も良い1年にしましょう。三犬から、さよなら
続きを読む