01 | 2015/02 | 03

紫の缶のコーラを飲んでみた 

紫の缶のコーラを飲んでみました、オーストラリア土産で空港の売店で買ったそうです

ここ何年も海外に行ったことがないですが、確かテロ未遂があってから飲料の持込が厳しくなったって昔ありましたよね。ただ身体検査が終わった後に売店で買える飲料は飛行機内に持ち込めるみたいで。郵送という手もありますが海外からの発送って色々手間らしいですね

さてこのコーラですが、調べても紫の缶で新味は無いみたいなのですが

まあ飲んでみればわかりますね

見た目
DSC_0830.jpg
DSC_0831.jpg


2$とあるので定価も2$ですかね。今は1豪ドル92円でした。1缶200円くらいですね、ちょっと高いかも


栄養表示とか
DSC_0834.jpg
DSC_0837.jpg



賞味期限
DSC_0838.jpg

2015年12月13だと思います。しかしなんで2個書いてあるのでしょう

飲んでみた感想です



匂い:普通のコーラ

味:普通のコーラ

総評:普通のコーラ

入手方法:オーストラリア土産

原産国:オーストラリア

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:特に無し




普通のコーラでした。調べてみると中身は普通のコーラなのですが缶がカラフルな企画があるみたいです。特別味が違うわけではなかったみたいです

そしてもう1個緑のコーラがありますが、これもどうやら同じみたいですね
DSC_0848.jpg


ちょっと期待してましたが、普通のコーラだったのです。味も日本のと変わらなかったです

ではこの辺で、さようなら
スポンサーサイト

Thins チキン味を食べてみた 

Thinsというポテトチップスを食べてみました

これは以前書いたとおりオーストラリア土産……なのですが記憶が確かなら輸入食品店で見たことがあるような

でもせっかくなのでありがたく頂きましょう

見た目
DSC_0821.jpg
DSC_0823.jpg



パッケージの裏面
DSC_0822.jpg


食べてみた感想です


カテゴリ:ポテトチップス

価格:貰い物のため不明

食感:日本のポテトチップスに比べてざくざくしてて若干崩れやすい

味:確かにチキンソテーのような味なのだが塩気がけっこう濃い

総評:食感は好きだが味が濃い。炭酸飲料なんかと一緒だと良いかも

入手方法:オーストラリア土産。記憶が確かなら輸入食品店にも売ってた

原産国:オーストラリア

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:1袋175g




美味しいといえば美味しいのですがとても味が濃いです。コーラなんかと相性がいいかもしれません。カロリーを除いて

個人的な感想なのですが、輸入食品店で売ってるようなお菓子は甘いものと塩気のあるものに分けた場合、日本人にも食べやすいのは塩気のあるものだと思います。甘いものは日本で売ってる物の方が値段も味も食べやすいですね
ただここでいう「食べやすい」というのは馴染みがあるかどうかなので、決して不味いということではありません

たまに日本の板チョコ食べるとほんとに美味しいのですよね

ではこの辺で、さようなら

大滝乃湯サイダーを飲んでみた 

大滝乃湯サイダーを飲んでみました

草津土産ですが、あれはもう2ヶ月も前なのです。時が加速している気がするメイド・イン・ヘブン

これは草津にある温泉施設「大滝乃湯」の売店で売っていました。湯畑周辺の土産物屋とかには無かったので、この温泉でのみ売っている独自のブランドの用ですね

見た目
DSC_0816.jpg

原材料
DSC_0819.jpg


使用上の注意
DSC_0820.jpg



飲んでみた感想です



匂い:まんまサイダー

味:甘さは三ツ矢と同じくらいだが、炭酸が若干控えめ。シンプルで良いサイダー

総評:普通故にベスト

入手方法:草津温泉、大滝乃湯の売店で購入

原産国:日本

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:草津限定。大滝乃湯は大変良い温泉だった






普通だけどサイダーなのでその普通さが良いのです

しかし草津温泉は良いところでした。やっぱ温泉は冬に行くのが良いですよね。雪降ってる中の露天風呂とか最高です

ついこの間家族がオーストラリアに旅行に行きまして、それでお土産を貰いました。無論飲料とお菓子が中心ですのでしばらくはブログのネタに困らなそうですね

最近はちょっと資格の勉強中なので、4月ごろまで更新が控えめになりますが、週に1度以上は更新したいところです

ではこの辺で、さようなら

フィンランドのリコリス菓子を食べてみた 

フィンランドのリコリス菓子を食べてみました

これはおなじみの秋葉原の輸入食品店で買ったものです

リコリス菓子といえば、日本でよく見かけるのはシュネッケン(タイヤグミ)ですね。これは何故か人気がないのに日本でよく見かけます。リコリス菓子とは簡単に言うと甘草の根およびアニスオイルで味付けされたお菓子で、大抵グミやソフトキャンディです

甘草は日本ではあまり食品としては馴染みがなく、漢方薬として使用される事が多いのでひょっとしたら漢方薬はリコリス菓子みたいな味がするのかもしれませんね(私は漢方薬を服用したことがないです)

あと甘草の1種はルートビアの原料の1つみたいです


見た目
B8v0OXKCIAABgkA.jpg



原材料とか
DSC_0810.jpg


賞味期限表記はフィンランド式の日/月/年
DSC_0811.jpg

これは2015年12月10日までが賞味期限ですね

では食べてみた感想です


カテゴリ:ソフトキャンディ?グミ?とにかく日本にはない食感

価格:485円

匂い:匂いはちょっと黒糖っぽい

味:結構甘くリコリスの風味もするが、その風味も柔らかでシュネッケンのようにどぎつい訳ではなく食べやすい。しかしリコリスの味に慣れていない人にはあまりおススメできない。リコリスの味を表現すると薬のような変な甘さ

総評:悪くはないけどそんなにいっぱい食べられない味

入手方法:秋葉原の輸入食品店(ワタベ)で入手

原産国:フィンランド

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:パッケージ裏の日本語表記シールに「パンダ リコリス」とあるのでこれが商品名の模様




私的には悪くないと感じたのですが、これ絶対に平均的な日本人の舌には合わないでしょう。リコリス菓子はシュネッケンとサルミアッキを食べたことがありますが、知り合いに振舞ったら全員不味いと言ってました(私もシュネッケンは無理)

でもこれ欧州や北米では結構メジャーなお菓子で、広く親しまれているのですよね。味覚の違いってのはよく分からないものです

なお食感ですが、何か近いものを表せればよいのでうすが、ぱっと出てきません。グミやソフトキャンディよりも柔らかいが弾力がちょっとある感じです


柔らかい     これ⇔ソフトキャンディ⇔グミ    固い


こんなところです

そろそろネタが少なくなってきましたが、今週末に補充予定なのでまだまだ書くことはありそうです

ではこの辺で、さようなら

ドクターゼビアを飲んでみた 

気がつくとブログの累計閲覧者数が2万を突破していました。ありがたいことです

今後も輸入食品を中心に更新していくので今後ともよろしくお願いします

さて今回は「ドクターゼビア」を飲んでみました

先月に記事にしたゼビアチェリーコークのお仲間です。これもイオンの輸入食品店で買いました

それで見た目がこちらなのですが
DSC_0795.jpg


名前からなんとなく察しがついた方はいらっしゃるでしょうが、これ名前も見た目も某飲料とそっくりですドクターペッパーと

まあ味もそっくりなのでしょう。ただゼビアのチェリーコークもそうでしたが、これも私の嫌いなゼロカロリー飲料です


原材料とか
DSC_0796.jpg

成分(英語)
DSC_0797.jpg


飲んでみた感想です



匂い:薄い杏仁豆腐の匂い

味:強い杏仁豆腐のような独特な風味がある。しかし隠し切れない人口甘味料の味(つまりゼロカロリードクターペッパーこれは人口甘味料ではなく、天然の甘味料でした。訂正します。しかし砂糖や果糖より美味しくないのは確かです

総評:所詮人口甘味料飲料である。同じブランドのチェリーコークよりは多少いける

入手方法:イオン内の輸入食品店

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆★★★(星2つ)

その他:ゼロカロリー




ゼロカロリードクターぺッパーより何だか人口甘味料の味が強いイメージでしたが、そもそも0ドクぺを飲んだのは去年の7月なのでもううろ覚えです

いずれにせよゼロカロリー飲料で当たりはごくわずかですね

ゼロカロリーといえば、3月よりコカコーラから新作のコーラが発売されるみたいです

これは減カロリーコーラといった飲料で、カロリーを控えめだがゼロではないようで、人口甘味料や砂糖の代わりにステビアの抽出物を使用しているみたいです
結構楽しみですね。発売は3月9日からです。天下のコカコーラの商品なので、探すのも楽かと思われます

次回はフィンランドのリコリス菓子の予定です

ではこの辺で、さようなら

コーヒーコーラを飲んでみた 

コーヒーコーラを飲んでみました

ちょっとここ数日体調が悪くて間が開いてしまって申し訳ありません。ネタが尽きたわけではないです

コーヒーとコーラを混ぜてしまった飲料みたいで、ちゃんと炭酸入りです。以前エスプレッソーダというとても不味い飲料がありましたが、はてさてどんな味でしょうか

見た目
DSC_0800.jpg



原材料とか
DSC_0801.jpg

ちょっと原材料が見にくいですね


成分
DSC_0802.jpg


では飲んでみた感想です



匂い:香ばしいコーラの匂い(本当に)

味:そのままの味である。コーヒーとコーラ(レモン入り)を混ぜた味。初めはレモンコーラの味がするが、弱めの炭酸感と共にコーヒーの苦味がする

総評:いまいち

入手方法:スーパーで入手

原産国:日本

リピート性:☆★★★★(星1つ)

その他:発売から大分時間が経過している模様





コーヒーと炭酸は相容れないとなぜメーカーは分かってくれないのでしょうか……。私は見たことが無いのですが、2006年にも炭酸入りコーヒーが販売されていた模様です。もちろん美味しくなかったようで

というかコーヒーもですが、紅茶や緑茶にも炭酸は合わない気がします。炭酸入りの紅茶は昔ありましたが、最近見ないですね。生産終了でしょうか

先日、体調を崩す前に東京方面に行きまして、そこでフィンランドのリコリス菓子を買ってきました。リコリス菓子はシュネッケンやサルミアッキ等美味しくないイメージがありますが(私はサルミアッキ好きですけど)、このリコリス菓子はどうでしょうか。感想は次回か次々回に記事にする予定です

そういや草津土産の飲料も1本飲んでないものがありますが、最近無糖のレモン風味炭酸水を箱買いしまして、そっちばかり飲んでますね。無糖の炭酸飲料は最初は美味しいと思わなかったのですが、慣れてくるとけっこう美味しいですね。何より水とCO2と香料しか使用してないので糖分などを気にする必要が無いのがグッドです。もちろん飲みすぎはいかんですが

ではこの辺で、さようなら