06 | 2015/07 | 08

モンスターエナジー ウルトラを飲んでみた 

白いモンスターエナジーのウルトラを飲んでみました

海外では40種類以上のバリエーションがあるモンスターエナジーですが、日本では、緑、カオス、青、コーヒー、M3そして今回発売されたウルトラの6種類を買うことができます。でも最近カオスを見かけません

アメリカのモンエナそのままを日本で売ることができないので、日本向けに中身を変更しているのですが、それが原因で味の調整が難しいというのがこの種類の少なさの原因と聞いたことがあります

モンエナに限らずエナジードリンクは、カフェインが多いというのと値段がやや高いのでそこまで常飲はしないですね。とくに子供には飲ませてはいけません。アメリカではエナジードリンクの飲みすぎが原因と見られる少女の死亡例があります

では見てみましょう

見た目
DSC_0990_20150729194133f46.jpg


原材料とか
DSC_0994_201507291941356d5.jpg

その他
DSC_0993_20150729194134d98.jpg



飲んでみた感想です


匂い:アクエリアスの匂いに似てる

味:スポーツドリンク系の味に後味がライチのような果物風味。人口甘味料を使っているので味がさっぱりしているが、人口甘味料の独特の風味が感じにくい味である

総評:まあまあ。モンエナの緑や青の味が苦手な人でも飲めそう

入手方法:コンビニ、スーパー

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:カフェイン100ml中40mg





なかなかいける味でした。レッドブルやモンエナの味が苦手という方は少なからずいらっしゃいますが、こういう飲みやすい味というのも必要とされているのかもしれませんね。ただ私はあの健康を削っているかのような味が好きなので、飲むエナジードリンクはレッドブルかモンエナの緑ですね。といってもそんなにしょっちゅう飲みませんが


ところで家族が小豆島へ旅行に行ったのでお土産を貰いました

次の画像がその土産なのですが

土産
DSC_0999_20150729194132471.jpg


そう、過去に飲んだことがある醤油サイダーが送られてきたのです。これはとても美味しくなかったので2回も飲みたくないのですが、貰ってしまった以上飲まないといけません。しかしオリーブサイダーとオリーブコーラは結構気になる飲料ですね。近いうちに飲みます


ではこの辺で、さようなら
スポンサーサイト

Vエナジードリンクを飲んでみた 

「Vエナジードリンク リミテッドエディションフレーバー」を飲んでみました

これはオーストラリアのエナジードリンクです。あまりに日本語の情報が無いので、調べてはみましたが詳細はわかりませんでした


しかし以下のサイトを見てみると、販売はどうやらサントリーグループの傘下の企業の模様です
http://www.suntory.co.jp/softdrink/company/buisiness.html

これは家族がオーストラリアに旅行へ行った際のお土産で、空港の売店で購入したものとのことです。海外旅行はここ10年近く行ったことがないのですが、確かテロ未遂が原因で機内に液体を持ち込むのが制限されてましたね。ただ荷物検査のゲートをくぐった先の売店で買ったものは持ち込めるみたいです

さて、では見てみましょう

見た目
IMG_20150723_133241721.jpg
IMG_20150723_133253153.jpg


当初商品名は「Kaboom!Vエナジードリンク」だと思い込んでましたが、どうも調べてみると「V」もしくは「Vエナジードリンク」が正しいみたいです。パッケージにコミック調の絵が描かれてますね。ちょっと前の情報ですが、オーストラリアにはコミック雑誌がないと聞きました。大体輸入物しか無いとか


成分表示
IMG_20150723_133311208.jpg


個人的な感想ですが、海外の飲食品のこういった表示の字が小さくて読みにくいような……


賞味期限表示
IMG_20150723_133333442.jpg

2015年09月30日ですね。日/月/年ですね。イギリスの表記順と一緒です

飲んでみた感想です


匂い:コーラ味のグミっぽい匂い

味:結構すっぱい味で、ベリー系の甘さもするが酸味に隠れがちな味。ハリボーグミのコーラ味に酸味を足したような味。缶にガラナエナジードリンクと書かれているがガラナ味はあまりしない

総評:なかなか美味しい。しかし日本では入手が絶望的。

入手方法:オーストラリア土産(貰い物)

原産国:オーストラリア

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:成分表示によるとカフェイン量は100ml中31mg(1本250mlで78mg)レッドブルとほぼ同じ




結構美味しかったです

オーストラリア土産の飲料はこれで全てですね。あとは食品が1つ残ってますが、これはいずれレビューします

7/21日にモンスターエナジーの新味が発売されました。これはもう入手したので、なるべく早めに飲もうかと

そしてコミケですが、今年もいつものサークルで売り子をします。それは近くなったらお知らせしますね

ではこの辺で、さようなら

ゲームに関する雑記 

どうも、最近暑くなってきましたね。こういうときは冷えたルートビアをぐいっとやりたい気分ですが、私の冷蔵庫にストックは無いため先日ケース買いした炭酸水を飲んでます

飲料も食品も特に最近買ってないので、ゲームに関する雑記のような日記のような更新になります。まだ豪州土産のエナジードリンクが残ってますが、それはまだ飲んでないので今度ということで

先月のE3では最大級のゲームエキスポということもあり、かなり多くの情報がリリースされました。スターウォーズ:バトルフロント、Fallout4、ジャストコーズ3やマッドマックスなどなど、発売が待ちきれないゲームが多々ありますが、それのほとんどが年末にリリースなのです

最近はコミケが近いというと、資格の試験も近いということで、ビデオゲームを新しく買おうとは思えないですね。といってもこの間のsteamサマーセールで結構買い込んだのですが

セールではインディーズやあまりボリュームが無いゲームを買いましたが、最終日に廃人量産ゲームとして名高いCiv5を買いました。しかし、流石に資格試験が来月に控えているのでインストールこそしましたがプレイはチュートリアルをやった程度ですね

今プレイしているゲームはFallout:NVやWarThudner、マインクラフトくらいです

これらは総プレイ時間こそ膨大になりがちなゲームですが、やめようと思ったらぱっとやめられるゲームなので、勉強の休憩やら寝る前などに1時間ほどプレイしてます。今回の記事はこれらの事を少しばかり書こうかと

まずFoNVですが、3とNVをリンクさせ二つのワールドを自由に行き来できるmod「Tale of Two Wastelands(通称:TTW」を導入してプレイしてます。導入するためにはPC内に3とNVと両方のDLCが全部インストールされいる必要があります。システムがNVのものに統一(主にダメージ計算)されるので、3の首都エリアは強力なスーパーミュータントが沢山徘徊しているのでかなり難易度が高くなりますね。両方の地域に両作のアイテムを持ち込めるので、また変わった感覚で遊べます。3の武器もアイアンサイトを覗けるのが素晴らしいです

ただこのmodはまだ未完成なので不具合も多くなります。まずゲームが全体的に重くなるので、PCの性能や環境ではCTD(ゲームがクラッシュしてデスクトップに戻されること)が発生しやすくなります。あとはmod同士が原因でゲームが先に進まなくなるなんてことも。私の環境では種族追加modが原因で本編終了後のDLCのBroken Steelが開始されないという事態になりました。これはコンソールコマンドで一時的にキャラメイクしなおして、BS開始後に戻すということで解決しました


お次はWarThunderの話

WTは1次大戦から朝鮮戦争までの実在(一部計画機や架空機がありますが)の兵器を操って戦うMOコンバットゲームです。今のところ空軍(戦闘機や爆撃機などの航空機)と陸軍(戦車や自走砲、対空戦車)が実装されており、海軍が今年実装予定です

私は主にソ連とイギリスを空軍でプレイしています

ソ連は格闘戦が得意な機体が多く、機関銃の発射レートが高いので敵機を落としやすいですが、どうもランク4辺りから微妙な性能の戦闘機が多くなってくる印象ですね。格闘戦が苦手なYakとか悪夢のような存在です

イギリスはまだランク2辺りですが、全体的にバランスが良い戦闘機が多くて扱いやすいですね。ただランク2あたりの戦闘機は機関銃の搭載数こそ多いですが、20mm機関砲には遠く及ばない火力なので敵機の後ろに張り付いて撃ち続けないとなかなか落とせないです。今後は火力も優秀な機体がどんどんアンロックできるので、それまでの辛抱ですね

ついでにWTを一緒にプレイしてくれる人とかいないかしら~とは思うのですが、Twitterや昔やってたネトゲの知り合いはWoTやWoWsをやっててなかなか分隊を組んで飛べないですね。リアル知人と週に何回かやってる程度です


最後にマインクラフトのお話


これこそ終わりが無いのが終わりなゲームですね。一旦何か目標を定めてしまうとそれを完遂するまでやってしまいます。先日もリアル友人と一緒に山を1つまっ平らに整地してました
ただ目標がないと、特に何もやらずに農場の作物の収穫や家畜に餌をやったり

マインクラフトの今プレイしている友人のワールドは、プレイ当初は気が付かなかったのですが、整備している初期リスポーン地点の近くが実は大きな島で、周りは海洋バイオームでした。いまいち発展性が無い状況ですが、それでもやれることは沢山見つかるので特に不自由はしてないですね


さて、ゲームに関する近状でした。飲料や食品が中心の当方のブログですが、私は64を初めて触ったときからのゲーマーなのでこうしてしょっちゅうプレイしている訳です。ただゲームのレビューは苦手なので、あまりブログでは取り扱ってませんね


では今回はここまで、ごきげんよう

ケルトチップスを食べてみた 

いやーすっかり間が空いてしまいました。申し訳ありません。ここのところ資格の勉強が順調でして、いまいちブログを更新するタイミングが取れませんでした。それに飲料類も炭酸水しか飲んでなかったり

ということで、以前買って食べたケルトチップスの記事になります

これはコストコで売っているポテトチップスなのですが、とにかく巨大です。結構な量が入っているのにお値段は600円程度です。なんというか個人的にはコストコを代表する商品の1つだと思っています

では見てみましょう

見た目
DSC_0913.jpg


これだけでは大きさが分かりにくいので比較用の画像を用意しました

一般的なDVDパッケージと比較
DSC_0916.jpg



見てのとおりかなり大きいです



原材料など
DSC_0914.jpg
DSC_0915.jpg


ハングル、中国語、日本語でそれぞれ表記がありますね

しかしこれジャガイモの欄に遺伝子組み換え有り無しの表記がないですね。私はあまり気にしてませんが


食べてみた感想です


カテゴリ:ポテトチップス

価格:600円程度

食感:厚めでかなり堅いポテトチップス。堅あげポテト並みかそれ以上の堅さ

味:普通の塩味でシンプル。イモの味もしっかりとする。全体的に味が濃い。脂がかなり多い

総評:まあまあ。しかし量が多すぎる、1人で食べてるとそのうち湿気そう

入手方法:コストコ

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:内容量なんと907g






結局買ってから食べきるまで2週間かかりました

しかも袋の底の辺りには脂がべっとりとついてました。絶対身体に良くない

でも安くて多くて味もそれなりなのでパーティーとか家に複数人集まったときとかそういう機会にあるといいかもしれません。1人で食べる量ではないです


最近は輸入飲食品をあまり買わないので、更新ペースが落ちるかもしれません

その理由の1つが来月に控えているコミケですね。コミケの期間は散財するので、なるべくお金を貯めておきたいのです

ではこの辺で、さようなら