10 | 2016/11 | 12

スコール コーラフロートを飲んでみた 

スコールコーラフロートを飲んでみました

スコールは九州に本拠地があるメーカーから発売されている炭酸飲料で、甘酸っぱい乳酸飲料ですね。よくカルピスソーダと比べられますが、私はスコールの方が好きですね

最近になって関東でもよく見かけるようになりました。というのも2015年からコカ・コーラから販売も開始され、よく小さいサイズのペットボトルで自動販売機にて売られていますね。ちなみに九州出身の友人曰く「地元ではそこら中で売っていた」そうです

さて今回取り上げるのはそんなスコールの新商品です

ただあとで知ったのですが、どうも数量限定での販売らしく、これを書いた頃にはもう無くなっている可能性があります。申し訳ありません、もっと早く書くべきでした


では見てみましょう

見た目
DSC_0236_20161128155357868.jpg

原材料とか
DSC_0237_2016112815535974b.jpg


飲んでみた感想です



匂い:駄菓子のコーラ味ラムネの匂い

味:コーラの味とスコールの味がちょうどいい具合に調和が取れており、スコールの酸味とコーラの風味がかなりいけてる。炭酸は弱め

総評:とても美味しい

入手方法:イオン系列店舗限定、買ったのはミニストップ

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆☆(星5つ)

その他:人口甘味料を使っているが気にならない味




非常に美味しかったです。もっと早く記事にすべきと悔いています

最近マカロニウェスタンにはまっています。アメリカ西部開拓時代がテーマなのにイタリアでも盛んに映画が作らていたってのはちょっと不思議ですね。西部劇は結構面白いテーマなのにゲームってあまり作られていないですよね。やったことあるのはレッドデッドリデンプションとコールオブファレスくらいですね。もっと西部劇のゲームをやってみたいですが

12月中旬くらいからちょっと色々忙しくなるので、今のうちにネタを探しているところです。更新もちゃんとできるのが理想ですが果たしてどうなることか

年末が近づいてくるとどうしてもコミケがすぐなので色々期待が膨らみます。今回は3日間全部行きたいですが、一般参加なので体力が持つかどうか。風邪には気をつけないとですね

では今回はこの辺で、三犬からさようなら
スポンサーサイト

ガリガリ君リッチ メロンパン味を食べてみた 

ガリガリ君メロンパン味を食べてみました

せっかく発売日に買えたので、ネタのストックを飛ばしての更新です

ガリガリ君の変わった味シリーズは、コーンポタージュ、シチュー、ナポリンタンと食べてきましたが、今回の新商品は言ってしまえば割とまともなチョイスだと思えます。ネットの噂ですがナポリタン味を企画した人は左遷されたとかいう話もありましたね

私はメロンパンが好物でもありまして、昔住んでいたところの近くのパン屋のメロンパンがそれはもう素晴らしかったのですが、現在は住まいが違うので長らく買えてませんねえ

では見てみましょう

見た目
DSC_0240.jpg
DSC_0241.jpg


食べてみた感想です


カテゴリ:アイス

価格:140円(税込)

食感:いつものガリガリ君だが、細かいクッキーが中に入っている。クッキーの食感はまるでパン

味:メロンパン特有の甘さ、パンの風味がしっかりと再現されている。味だけならメロンパンにかなり近い

総評:かなり美味しい

入手方法:コンビニ

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆☆(星5つ)

その他:特になし





かなり美味しい味でした。メロンパン好きにはおススメできますね

最近ネタが多いので、当分は更新をまめに行いたいと思います

ではこの辺で、さようなら

日光亜細亜食品にちょっとだけ行ってきた 

先週末に東京へと遊びに行きまして、以前調べて行ってみたく思っていた日光亜細亜食品へ行ってきました

場所は池袋駅西口から歩いて5分ほど、TSUTAYAなどが入っているビルのすぐ近くですね

写真は撮ってないのですが、入り口は一見するとお店には見えないのですが、2階へと階段を上がるとお店になっております

そしてお店の中は温泉というかゆで卵というか、かなり強烈な匂いがしました。一緒に行った友人はその時点で店には入らず、私だけが行ってきました

とりあえず2階だけを見てみたのですが、台湾や中国の食材、お菓子、飲料、調味料などなどが揃っている様は壮観でしたね

また店員は日本語もある程度話せるみたいでしたので、普通に買い物もできました

友人を待たせるのも悪いと思ったので、買ったのは飲料だけでしたが、また今度行ったときにはじっくりみてみたいですね、ネットで調べたところだと、台湾、中国のの映画のDVDやお酒、煙草なんかも扱っているそうです


とりあえず黒松沙士と王老吉、あと見た事が無い紅茶?を買ってきました
Cwf16NjVQAEc3_O

紅茶以外はもう既にレビューしたので、紅茶はまた後日飲んでレポートをあげますね

次に東京へ行くのは12月中に研修があって行くと思われるので、時間が許せばじっくりと見てこようよ思っています

ではこの辺で、ごきげんよう

抹茶コーラを飲んでみた 

抹茶コーラを飲んでみました。以前静岡茶コーラを取り上げたことはありましたが、抹茶コーラなので多少味が違うとの予想で飲みました

これはイオンモールの食品店売り場で開催していた珍飲料コーナーでカレーラムネと共に買ってきました

では見てみましょう

見た目
DSC_0217.jpg


原材料とか
DSC_0219.jpg

その他
DSC_0220.jpg



飲んでみた感想です


匂い:コーラっぽい匂いだがかすかに良く分からないコーラ以外の匂いが混ざっている。お茶とは判別しにくい匂い

味:コーラとも抹茶とも判別しにくい味。コーラがベースの味なのは確かだが、どこか梅ジュースのような草餅のような風味がする

総評:結構美味しい

入手方法:イオンの特設の炭酸飲料コーナーで入手。現在その企画は行っていなかった

原産国:日本(福岡)

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:一応本物の抹茶粉末を使用している



予想とは違った味でしたが、なかなか美味しい飲料でした


先日、東京の友人宅へ遊びに行った際に、台湾・中国食料品店に行きまして、そこで王老吉や黒松沙士を手に入れたので簡単なレポートでも書こうかと思っています

ではこの辺で、さようなら

タイタンフォール2感想 

タイタンフォール2の感想になります。前作はXbox360ならびにXbox oneとPCにて発売され、PSハード版はありませんでした。この前作がとても好きで結構やってたのですが、ちょうど事情があってあまり沢山はプレイできてませんでした。プレイ時間が確保できるようになった頃には過疎化が進み、となっていたので2には期待していたのですが……というお話です

まずはシングルキャンペーン。前作ではキャンペーンモードは存在してもシングルプレイモードはチュートリアルしかありませんでした。ストーリーが存在するマルチプレイでゲーム中に無線でのやり取りと多少の演出、勝ち負けで少し演出が変わるという程度のものでしたが、2ではしっかりとシングルキャンペーンが実装されています。

ストーリー的にはアクシデントにより味方と離れ離れになってしまったミリシアのパイロットが相棒となったタイタンのBTと共に行動すると言った内容です

シングルプレイは基本的には1人+BTというシチュエーションが多くて味方と共闘している感覚はあまりないですが、ウォールランやタイタン戦、歩兵戦など良くあのシステムを1人用のゲームとして活かせたな、という感想です。まあまだ中盤くらいまでしかシングルはやってないので、最後までどうなっているかはわからないですが、1つのゲームとして完成度が高いですね

さてマルチプレイですが、この辺はもうレビューや感想が多いので、私が気に入らなかった点を書いていきます

マップデザイン:開放的なゾーンと建造物や障害物がバランス良く配置されていた前作に比べ、入り組んだ地形や建造物が多くなった結果、パイロットがタイタンに攻撃しやすくなり、逆にタイタンからパイロットが攻撃しにくくなった

タイタンの仕様変更:タイタンから時間経過で回復するシールドが削除され、デフォルトでは体力のみとなった。後述のロデオでのみシールドがチャージされる。これが原因でタイタン対タイタンの戦闘は遭遇したら死ぬまで撃ち合うという光景も良く見るようになった、撤退してもシールドが回復しないため、戦線離脱するとかえって戦力が減ってしまう

ロデオの仕様変更:パイロットが敵タイタンに飛び乗って弱点を攻撃する要素が仕様変更され、1回目にロデオしたときは敵のバッテリーを抜き取る、2回目以降にロデオすればグレネードを放り込み攻撃する。ゲットしたシールドは味方タイタンにロデオするとその機体にチャージされる。はっきりって狙ってやる暇があったらタイタン用武器で敵機を攻撃したほうが良い

タイタンの脅威度低下&パイロットの脅威度増加:タイタンがマップのデザインが原因でパイロットに攻撃しにくくなった、しかしこれはマップによるとも言える。逆にパイロットからタイタンへの攻撃が強化され、またシールドがデフォルトで存在しなことからパイロットがタイタンに攻撃しやすくなった

ミニオンについて:ミニオン(雑魚)の数が少なくなり、一部ルールでは完全に削除された。ミニオンをキルすればタイタンを呼ぶための時間が早くなるが、ミニオンが少なくなったためパイロット戦が苦手な人は不利になったと思われる

ローニンの猛威:これはパッチしだいで修正可能だが、タイタンのロードアウトのローニンが猛威を振るっている。今作のタイタンは装備を完全に自由に決めることは不可能で、決められたプリセットの中から一部の装備を変更できるに留まっている。ロードアウトの自由度が減ったのも残念だが、現状だと「ローニン」というタイタンが強い。近接先特化のタイタンだが、とにかく近づいて近接攻撃をするだけで敵タイタンを倒せる。しかし脆いので撃たれ弱いが、マップが複雑で入り組んでいるのでとにかく逃げにくい


とまあ不満点は結構多いです。一部はパッチで修正可能でしょうが、私が好きだった要素は軒並み変わってしまいました。とはいえ世間の評価は上々なので、私が合わなかっただけかもしれません。なので「お前の評価はおかしい」みたいな事は言わないでください


次回は抹茶コーラのレビューの予定です


ではこの辺で、さようなら



追記11/03

タイタン2のシングルプレイをクリアしました。少々敵の名ありタイタン戦が一部面倒に感じましたが、キャンペーンの完成度は非常に高かったです。マルチに興味の無い方でも、お勧めできます。ただし、シングルプレイのみでのボリュームはあまり無い(難易度ノーマルで10時間以下で1週クリア)ので、値が下がった頃に買うくらいがちょうどいいかと