04 | 2017/05 | 06

サルミアッキを食べよう 

世界一不味いと不名誉な称号が付けられてしまっているサルミアッキですが、いざ食べたくてもどうやって入手すればいいのか、それを書いていこうと思います

まず、お店での購入ですが、不可能と思った方がいいです

というのも日本ではフィンランド製の商品を扱っている店は多少はありますが、インテリアだったりお酒であったりで中々飴はありませんし、少なくとも私の住まいの近くにはフィンランド食品の専門性があるお店はありません

昔はIKEAで買えたとの情報も聞いたことがありますが、去年立川のIKEAに行った時にはありませんでした。ポースクスムストと買ったときですね

今は無き秋葉原のワタベでも取扱は無かったです

そうなると残る手段は個人的に譲り受けるか通販になりますが、前者は難易度が高いので通販での入手法をば

一番簡単なのはAmazonですね。もしくはSuomikauppa.fiというサイトがオススメです、こちらは日本語にも対応しています

ただAmazonも輸入する過程でどうしても高くなってしまいますし、時間もかかります。私が買った際は注文してから1~2週間後に届きました。それでも注文等の利便性からAmazonが一番容易ですね

では最後にどれを買えば良いのか

まず最も有名でサルミアッキと言ったらまずこれとされるFazerのサルミアッキですね。メーカーはファッツェルと発音します。サルミアッキの中でも一番「すごい味」との呼び声も高く、また不味いという評価も多いです。初心者にはあまりオススメできないですが、私はこれが一番好きです

次に同メーカーFazerのスーパーサルミアッキ。ベースが上記のサルミアッキなので初心者向けではないのですが、ミントの風味が強烈な味を幾らか和らげてくれます。これはこれで美味しいです

最後にHalvaのサルミアッキです。メーカーの読み方はハルヴァ。これは甘くて塩化アンモニウムのしょっぱさと強烈な風味が控えめなので非常に食べやすく、Fazerのサルミアッキをその場で吐き出した友人2人にも好評でした。黒糖の飴みたいな食べやすさです

なのでAmazonで買えるサルミアッキはで初めて食べるならHalvaのが一番オススメです。ですが、どれを食べてみるかは人それぞれ。食べてみたいものを買ってみましょう

余談ですがサルミアッキチョコレートもAmazonにはあるのでいつか買ってみたいですが、入荷が9月20日になってますね……

あとサルミアッキアイスとサルミアッキリキュールもどうにか入手できないかと探してみましたが、こればかりは通販では扱ってないみたいです

いつかお金と暇と最低限のフィンランド語を備えたら行ってみたいと思っているフィンランドですが、サルミアッキを日本にいても買えるのは全くもって便利ですね

ではこの辺で、三犬からさようなら
スポンサーサイト

パインアメ味のポテトチップスを食べてみた 

5月15日よりコンビニ先行販売で、パインアメ味のポテトチップスがリリースされました

パインアメはかなり歴史のある飴で、1度は食べたことがあるのではないでしょうか。パイン風味ですが酸っぱくなくて、甘くて美味しい飴ですよね

一方製造元の山芳製菓はポテトチップスの「わさビーフ」が人気商品ですね

お菓子好きなら誰でも食べたことがあるだろうこの2商品がコラボです

友達から情報を貰って探して買ったのですが、もも味のポテトチップスなどを思い出していい予感はしないですね

では見てみましょう

見た目
DSC_0358.jpg


原材料とか

DSC_0361.jpg


その他
DSC_0359.jpg


食べてみた感想です



カテゴリ:ポテトチップス

価格:129円(コンビニ)

食感:ポテトチップス

味:パインアメの味がかなり忠実に再現されている。また揚げたポテトと食塩の味も感じられるが、不思議と調和が取れている

総評:意外と食べられるが、また買って食べたい味でもない

入手方法:コンビニ

原産国:日本

リピート性:☆☆★★★(星2つ)

その他:5月15日よりコンビニ先行販売。他所での販売は6月12日から




物珍しい味で決して不味くはないのですが、また食べたいものではありませんでした

でもパインアメの味の再現度合いは完璧でした

今度はポテトチップス味の飴とか作ってみても……美味しくなさそうですね

この間ペヤング背脂MAXの入手に成功しましたので、近いうちにご紹介しようかと

ではこの辺で、ごきげんよう

ペヤング酸辣MAXやきそばを食べてみた 

GWも終わってしまいましたね

GWは同人イベントに行ったり艦これのイベント海域の攻略をしていたりで過ぎてしまいました。お陰で双方のイベント共に目的は達成できました

さて今回はペヤング変わり種シリーズの1つである酸辣MAX焼きそばを食べてみました

酸辣湯とは本来スープらしいですが、日本だと中華麺を加えて酸辣湯麺ととして食べることが多いですよね。でもお店で酸辣湯麺を食べた時はそれほど辛くも酸っぱくも無く、結構普通の味だったと記憶してます

では見てみましょう

見た目
DSC_0347_201705121726396d5.jpg


原材料とか
DSC_0348_20170512172639dab.jpg


栄養表示とか
DSC_0349_20170512172641441.jpg


調理方法は普通のペヤングと一緒で、まず袋類を取り出した後、かやくを入れお湯を注いで3分。そして湯切りしてソースを混ぜて完成です

食べてみた感想です



カテゴリ:カップ焼きそば

価格:185円(税抜き)

食感:ペヤングの焼きそば

味:かなり酸味(酢酸系のすっぱさ)に特化したカップ焼きそば。信じられないくらい酸っぱく、そこそこに辛い。当然だがソース焼きそばの味は微塵もしない

総評:尖った味だが美味しい

入手方法:コンビニ、スーパー

原産国:日本

リピート性:☆☆☆☆☆(星5つ)

その他:特になし




とても美味しかったです。かなり酸っぱくて辛いのでどちらかが苦手な人にはオススメできませんが、逆にどちらも好きな人には結構いい味してるのでお試しあれ

次回は未定です。というのもネタがあまり無く、同じくペヤングの背脂MAXも探してはいるのですがなかなか見つからない状況でして

ということで今回はここまで、ごきげんよう