09 | 2017/10 | 11

ちょっとヘリ的なニュースを 

最近の被災地への救助活動等で気になった、ヘリコプターに関するニュースを集めてみた

①自衛隊ヘリパイの神業

神業

詳細は不明ですが、自衛隊の救助活動中の多分UH-60Jですかね。よくもまぁこんな狭い所に着陸出来た物です。下手すりゃローターブレードがフェンスに当たりますよ。Good job ヘリパイ


②安全確認ができないと着陸拒否していた自衛隊を横目に、米軍が予告も無しに突然ヘリで避難所近くの広場に下りて食料を運び込んだらしい
アメさんかっこいい


アメさんかっこいい
映画のワンシーンみたい
こういう素早く動くのも米軍の特徴ですよね(無茶もするけど)

③ロシアの化け物ヘリが日本に派遣される、らしい
何でもロシアの「Mi-26」(NATOでの愛称:ヘイロー)が日本に派遣されるという噂です
「何だただのヘリかよ……」と思う方もいるかもしれませんが、なめちゃいかんのだよ

日本でヘリと言えば
CH-47
※クリックで拡大
CH-47jとか

UH-60
※(略)
UH-60とか(人と比べられる画像が見当たらなかったので米軍の機体)

ですが、ロシアは違う

92a22cec.jpg
ほい「Mi-26」(画像に映っている人は模型ではなく本物です)

定員は80人でその気になれば150人乗せられます。しかし、150人近く乗っていた時に被弾して、過剰積載が原因で地雷原に墜落120人死亡した過去があります。

ee9a0140.jpg
トラックが積める

c39166fd.jpg
小型ジェットもなんのその

こんなのが来れば物資も多少は被災地へ届く事でしょう。まあ、それでも足りないのが現状ですがね…

そういえば、立派な(?)被災地でもある茨城は報道されるどころか、話題にすらなりませんね。テレビ局も福島映してた方が皆が見るからですかね?

ヘリ飛ばせるなら物資でも運んで欲しいものです
追記

2011年3月17日14時16分

海江田万里経済産業相は17日午後、計画停電中の電力使用について「これまで以上の精いっぱいの節電にご協力をお願いします」と、産業界や国民に呼びかける大臣談話を発表した。

東京電力が電力を送る関東とその周辺地域では、3350万キロワットの電力供給力に対し、午前8~9時に最大3292キロワットの需要が発生。
海江田氏は「1日のピークを迎える夕方から夜にかけて需要量が供給量を上回り、予測不能な大規模の停電が発生する恐れがある」と警戒を発した。17日は気温が低く、暖房の使用が増加しているとみられる。


http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103170296.html


だそうです、こんなブログ見ている余裕あったら、今すぐPCの電源落としましょう。さもなきゃホロコーストだ
特に夜は節電を心がけましょう
大停電は勘弁です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/106-6dfe63cb