07 | 2017/08 | 09

不味い不味いと思うのはあなたの先入観と常識に縛られた味覚であって、それを打破してこそ(ry 

「不味い」と世間一般では言われるが、私はおいしいと思う

皆が不味いといっても私は美味いと言い続けようじゃないか

俺はスリードッグ!皆の案内をを務めるぜぇい

どうも、三犬でございます

この間近くのジャスコにてですね(今ジャスコって言わないでイオンって呼ぶのですね……)輸入雑貨を扱っているお店を発見しまして、そこでいろいろ買ってきました

いつもの通り世間一般では不味かったり、評判が悪い飲み物です

まずはルートビアです

ルートビアに関しましては、私も過去に2回ほどブログに書いたので、知らない人はどうぞご参考に

変な飲み物2 まだルートビアを不味いと言ってた懐かしい頃

飲むは サロンパス!  気がついたらルートビアを愛飲している私がいる記事


いつも紹介しているのはこの「A&W」というメーカーのルートビアですよね
P1000273_R.jpg


ですが今回は違うんです

今回は「Dad's」というメーカーのルートビアです!
P1000278_R.jpg

なんで違うメーカーから同じ名前の飲み物が販売されているのか?
それはコーラと同じですよ
コーラといえば
・コカ・コーラ
・ペプシ
・ウィルキンソン
・ダイドー
・トップバリュ
・カナダドライ
・神戸居留地
・黒松
・その他様々
このように沢山のメーカーから販売されています

ルートビアも(少なくともアメリカでは)人気がある飲料なので色々なメーカーから販売されており、なおかつ「使用原料やその配分は厳密に決まっておらず、銘柄によって様々なアレンジが施されている」飲み物なんで飲み比べなんてしても面白いでしょう


そういえば、このルートビア缶からして変わってました

普通輸入品ってこんな感じにシールが貼ってあるんですよ
P1000280_R.jpg

だがDad'sルートビアには貼ってない
P1000281_R.jpg

と思ったら底面に貼ってあった
P1000283_R.jpg


では早速飲み比べてみました!


ルートビア飲み比べ


A&WとDad'sのルートビアの飲み比べ

ハイスペックな舌を有しているわけではないので、そこまで精巧な感想は書けません。ご了承ください

特有の湿布のような風味はA&Wの方が強い
炭酸はDad'sの方が若干強い?
A&Wのバニラの風味がDad'sにはあまりみられない
Dad'sの方が甘い。

結論
A&Wの方が自分は好きだが、そもそも人によっては飲み物ですらないので結果は個人で大きく変わると思う

※飲み返してみると甘さをちょっと感じにくいだけでどっちも砂糖の量は同じくらいかも




次は黒松沙士を飲んでみたいなぁ……


さて次のお品
チェリーコークです

そもそもチェリーコークって何?

調べてみると
「日本においては、1985年コカ・コーラのシリーズ商品として発売されたが、味の軸となるチェリーフレーバーの評判が芳しくなく、数年間で販売が終了している」
だそうです。

日本人の舌には会わなかったんですねぇ。じゃあ私は何人だ



これがチェリーコーク
P1000327_R.jpg

↓飲んでみた感想↓



チェリーコーク
普通に美味しかったよ。ドクターペッパーに近いかも。
しかしドクターペッパーの「なんだかよくわからないフレーバーの香り」に比べるとこっちはしっかりとチェリーの香りが添加されている。味自体は少し薄めのコーラかな?

どっちが好きかと聞かれたら……チェリーコーク!




そういえばドクターペッパーのヘビーユーザー曰く、「ドクペは缶のデザインのリニューアルと共に味も少し変わった気がする」とのこと
こういう風に少しずつ日本人受けする味に変化しているのかもしれませんねぇ

しかしチェリーコークの味が変わることは無いでしょう。だってこれ日本じゃ販売が終了していますからね。日本で入手できるのは舶来品ですよ。皆さんも探してみましょう。

ちなみにDad'sルートビアもチェリーコークも、私が発見したのは「カルディコーヒーファーム」というお店です
数は多くないですが一応全国にお店があるみたいなので、その気があれば検索してみましょう


それでは今宵もさようなら

次は昨年に買ったゲームのレビューでもしましょうかねぇ



追記(1/07)
ドクターペッパーって全国で売ってるわけじゃないんですね。初めて知りました
少なくとも関東ではよく見かけるので、てっきり全国で流通しているのかと思ってました

ドクペはですね……薬?ハーブ?結構独特な香りがします
人によっては激烈なショックを受けますね。薬っぽいですし。でもルートビアよりは飲みやすいと思います。私はどれも好きですけど
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/164-e24bad1c