07 | 2017/08 | 09

ゴーストバスターズ! 

↓今日のBGM↓





映画のレビューは苦手なんですがね……


映画ゴーストバスターズを観ました。
gb.jpg

あらすじ

ニューヨークのコロンビア大学で超常現象や幽霊の研究者が、一方的に研究費を打ち切られ、科学的に超常現象全般を扱う会社「ゴーストバスターズ」を開業。 需要のない業態と諦めかけた頃、アメリカ東海岸で超常現象が急増、ビジネスは大当たり、メディアや行政からも注目視される。 そんな中、謎の巨大霊的エネルギーが接近していた…


初代ゴーストバスターズです。ジャンルはSFコメディ映画ですね
幽霊退治を専門に扱う「ゴーストバスターズ」の3人(途中から4人)が幽霊退治をする映画ですね
当時(1984年)の全米興行収入第1位、2009年現在時点では37位という大ヒットを記録した映画です


感想とか書くのは苦手なので省略しますが、面白い映画でした

当時の技術で、あの幽霊や超常現象の数々を撮影したのか気になりますねぇ

あと幽霊を扱っているのでホラーかと思われるかも知れませんが、全くそんなことはありません。家族みんなでみても大丈夫な内容です

名作でファンも多いはずですね


では次
ゴーストバスターズ2も観ました
gb2.jpg


あらすじ
前作から5年。破壊神からニューヨークを救った彼らだったが、破壊した建物などの賠償金を市と州より請求された上、数々の違法行為の責任を押し付けられる形で、「ゴーストバスターズ」社は破産してしまい、依頼もぱったりと来なくなった。市民も彼らと超常現象を忘れ去り、4人組もそれぞれ別の道を歩んでいた
そんな中再び幽霊が各地で暴れる事件が起き、4人は再びゴーストバスターズを結成するが……


ゴーストバスターズの続編で5年後を舞台にしています

興行的には成功したが、前作ほどの好評は博していないそうです

でもそうですね、私的には2も十分面白かったのですがねぇ
ゴーストバスターズの再結成や、多様な幽霊の退治、そしてラストの自由の女神

1も2も十二分に楽しめる映画だと思います。恋人なんかと観てもいいかもしれませんねぇ。いないけど


だが
この「ゴーストバスターズ2」、訳が酷かった

とにかく酷かった、映画素人で英語もまともにわからない私でも違和感を感じるほどでした

その一例を書いていきましょう


「吹替え→字幕」

主任→デカ長

この人でなし→やめて

美容食なんだぜ→便秘にいいんだぜ

彼女のサイズの靴はない→「ナイキ」をはかせたい


あとはなんか整合性の取れてない訳が多数
なんだこれ?と違和感を感じた訳がちらほら
首をかしげた訳がごろごろ


特に酷いのがメインテーマです。上のほうに動画が貼り付けてありますが、それの訳が特に顕著でした

If there's something strange
In your neighborhood
Who you gonna call
(Ghostbusters)
If there's something weird
And it don't look good
Who you gonna call
(Ghostbusters)
という歌詞なんですよ

↓それを私が超簡単に訳してみました↓


奇妙なものを近所で見つけたら
誰を呼ぼう?
ゴーストバスターズ!
よくわからない異様なものを見つけたら
誰を呼ぼう?
ゴーストバスターズ!





↓しかし映画の翻訳だとこうなる↓


ややや、ケッタイな
誰を呼ぼう
ゴーストバスターズを!
ややや、これは不気味
誰を呼ぼう
ゴーストバスターズを!




これは酷い……

しかしこの特徴のある、ふざけているのか真面目なのかわからない翻訳、誰が訳したか心当たりがあるんですよ――

それは

戸田くぁwせdrftgyふじこlp



追記

そういえばゴーストバスターズ3が製作中だとかいう噂がありますが本当なんですかね?
だとしたら楽しみです


あと海外ではXbox360にてゴーストバスターズのゲームが発売されている模様です

こういう類の映画をゲームにした作品は大抵クソゲーと相場が決まってますが、このゲームはなかなか出来がよいそうです
しかし日本での発売の予定はない……

英語わからないけど海外版輸入しちゃおうかしらん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/169-5737a204