09 | 2017/10 | 11

ベルセルクを観てきた 

現在公開中の映画「ベルセルク黄金時代篇I 覇王の卵」を観てきました

メンバーは
・複素数
・イケダダ
・三犬
の3人です

ベルセルクは三浦建太郎氏による漫画で、中世ヨーロッパ風「剣と魔法の世界」を舞台に、巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー、という内容です

今回観てきた映画は、そのベルセルクの「黄金時代篇」と呼称される3巻~14巻までの内容を3部に分けて映画化した物の第一部を観てきました

映画のストーリーは、ガッツが鷹の団に入ってから、グリフィスの野望が垣間見えるシーンまで、となっておりました
一応ネタバレを控えるためあまり詳しくは書かないでおきます


さて、映画の感想ですが

よく出来ていたと思います。いい意味で原作通りで、戦闘シーンは迫力があり、一つ一つのシーンもちゃんと作られており、吹替えも格キャラのイメージに合ったものとなっておりました
特に冒頭の攻城戦のシーンが印象的でしたね

ちなみに5割くらいが戦闘シーンです

今作を見ただけでは、「何処がダークファンタジーなんだ?」と思う方もいるかと思われますが、それは3部を最後まで観る、もしくは原作を買いましょう

しかし、この映画、県内に上映している映画館が1つしかありませんでした。地域によっては観るのが困難な人もいるんじゃないでしょうか
でも原作を読んだ方や、この手の設定の作品に興味がある方は是非とも劇場まで足を運んで欲しいものです
やっぱり映画は劇場で観るのが一番ですよね


こんな感じでしょうか

あと、おまけもあります。同日にちょっとしたことがありましてね。それは追記で書きましょう

では、さようなら
そういえば自動車教習所(合宿)が近いですね。合宿中のブログの更新はどうしようか検討中です。一応設備に無線LANはあるみたいですが・・・




追記

映画を観終わった後、ちょっとゲームセンターで遊んできました

そしてふとクレーンゲームに目をやると・・・

あ、まどマギだ

欲しい

クレーンゲーム苦手

友人に取ってもらった(≒売ってもらった)

ということで入手しました

マミさんです
P1000410_R.jpg

中身が楽しみだが一抹の不安も

P1000411_R.jpg

こんな感じに分割されてました
P1000412_R.jpg
正面
P1000415_R.jpg
右側面
P1000416_R.jpg
背後
P1000417_R.jpg
左側面
P1000418_R.jpg
正面アップ
P1000419_R.jpg


なかなか良く出来てるのではないでしょうか?
正直邪神だったらどうしようかと思ってました
え、邪神って何かって?あまりにも出来が酷くてクトゥルフ的な顔のフィギュアを指す言葉です
邪神モッコスはそれの親玉。気になったら調べてみよう

いやいや、よかったよかった。何でもゲーセンで入手したまどかのフィギュアが邪神っぽかったという話を聞いたことがあるもので、心配していました

そういうわけでマミさんでした。いまのところまどかとマミさんしか無いようです。我々はほむほむとあんこを渇望する!

そうそう、マミさんのスカートの中を見たい紳士は、そっと下の拍手をクリックしましょう。そんな輩がいないことを願います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/178-35508350