07 | 2017/08 | 09

アンサング完成!! 

以前購入したプラモデル「レイレナード 04-ALICIA アンサング」が完成しました


アーマードコア フォーアンサーに登場するネクストAC。リンクスは「マクシミリアン・テルミドール」。壊滅したレイレナード社製の逆間接機体を駆る男です

ゲーム中の説明
ダークレッドの逆脚機を操る、ORCA旅団長
旧レイレナードの遺志を継ぎ、クローズ・プランを先導する
熱っぽい扇動家であり、諦観者であり、ロマンチストでもある
複雑な、あるいは分裂した男。最初の五人の一人


CVは諏訪部順一
(ちなみに同作に登場する有名人と一緒の声優です)

PA整波性能が高めだが、APが少々低めの機体。逆間接なので縦方向の挙動に優れる機体です

武装は手にアサルトライフルとレーザーバズーカ。背中にプラズマキャノンとPMミサイルを積んでいます。肩兵装は無し

中々バランスの取れた機体であり、特に直撃するとかなりにAPを削り取られるレーザーバズーカ、回避が困難なPMミサイルは脅威となり得ます

しかも登場するミッションは狭く、特徴的な地形のマップ

僚機は格闘戦に特化した機体での2対での登場となります

こちらもウィン・D・ファンションとのコンビで2対2とはいえ苦戦を強いられます
核ロケット積んでスタート地点の細い通路から撃ちまくると簡単だが

とまあ、一見隙がないように思える機体ですが、同時に最大の欠点が存在します。
……それは

重 量 過 多

そうなのです、この「アンサング」は脚部の積載量をオーバーしているアセンブルなのです

※重量過多:脚部パーツのの積載量を、それ以外のパーツの合計重量が上回った状態。積載量を上回った場合、機体の挙動が鈍る。さらに限界積載量をオーバーすると出撃すらできなくなる

まぁ敵で出てくる際は、狭いステージなのでそれほど挙動に影響は無いのですが、実施に自分が組んで使うとなると……ねぇ

まぁ前置きはいいでしょうでは完成したプラモをご覧にいれましょう
アンサングです!!
unsung0.jpg
足は逆間接となっております(もしくはトリ型間接)
unsung1.jpg
左手のレーザーバズーカ
unsung2.jpg
右手のアサルトアイフル
unsung3.jpg
右背中のPMミサイル発射モード
unsung4.jpg
左背中のプラズマキャノン発射モード
unsung5.jpg
以上アンサングでした!!
unsung6.jpg

塗装はスミ入れだけです



そうですね確かに見た目は良いのですが、プラモとしての出来はイマイチだと思います


理由としてはですね…
・PMミサイルを発射形態に変形できるが、パーツがよく崩壊する
・そもそも背中武器の接続ピンが短くよくポロリする
・手首のジョイントボールがゆるくよくポロリする
・胴と股関節のジョイントがゆるくてよくポロリ
・スタビライザーがゆるくよくポロリ
・そこらじゅうの細かいパーツがよくポ以下略

まあ接着剤で固めてしまえば問題ないんですがね
そもそもACのプラモは他のAC同士で自由にパーツを組み替えることもできるわけですからねぇ
固めてしまうとそれができなくなる。うーん許せん

まぁですが作ってる最中は楽しかったので、概ね満足ですが

それを鑑みるとローディー先生のフィードバックはどこもかしこもしっかりとしていて隙が無いですね(構造が単純なのもあるけど)
さすがダンボールと揶揄されるだけはある。ハラショー

まあそんなわけで最近作ったプラモでした

この記事を書いている日にひょっとしたらオークションで競り勝つ可能性があります
そしたら次回はそれのレビューでもしますか

ではこれで

三犬から、さようなら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/194-fa539b97