09 | 2017/10 | 11

こいつは飲み物じゃない。テロだ 

日々飲料というのは研究されていると思います

コーラやサイダーのように、昔から愛され今でも飲み続けられる物ばかりではありません

企業は利益の為に、売れる飲料を開発しつづけねばなりません。向こう100年は売れる飲料を開発すれば話は別ですが

今日はそんな企業が生み出したイレギュラーを紹介しましょう

一本目「ペプシ 塩スイカ味」
P1000639.jpg



はい、来ました。ペプシがまた生み出しました
需要不明の飲料です

ペプシといえば、思い出せる限りでも
キューカンバー
ブルー
ホワイト
ゴールド
小豆
しそ
モンブラン
バオバブ

と、色々な種類の炭酸飲料をだしていますねこいつら殆どハズレだけど
そしてこの暑い夏に発売されたのが、「塩スイカ」です

「スイカ」ではなく「『塩』スイカ」なのがミソですかね。私は西瓜に塩はかけない派ですが

まあいい飲んでみましょう

匂い:駄菓子の20円くらいのグミ。西瓜っぽいといえば西瓜っぽい

味:まるでスイカバー(アイス)。みずみずしい甘さは無かった。後味が悪い。飲むたびに元気がなくなってゆく味。塩の味はしなかった

結論:美味しくない上に元気が抜かれる。塩の味がしないが塩は配合されているので塩分補給は出来る

この飲み物で塩分補給するくらいなら、素直にスポーツドリンク買います


もう飲みたいとは思わない、次
二本目「エスプレッソーダ」
P10006622-1.jpg

サントリーが出した「大人のクセにはじけている」飲み物

エスプレッソに炭酸を混ぜたものらしい

早速飲んでみる


容量が330mlと微妙

エスプレッソソーダかと思っていたら、「エスプレッソーダ」だった。ジョークなのか


缶コーヒーの味、甘さに加えて、不可解な酸味と腹の底から怒りが湧き上がる炭酸の味がする

そもそも酸味と甘みのバランスが絶妙に取れているのが砂糖入りコーヒーな訳で、そのバランスは些細なことで崩壊するらしい。それの要因が炭酸である

簡単に表現すると「カラオケやファミレスのドリンクバーから友人が持ってきてくれた、数種類のドリンクを混ぜたイタズラ飲料」


これ、無糖or無炭酸ならいけたかもしれない。ほら、この値段でこの量のコーヒーって結構安いじゃん。コーヒー薄いけど



こんなものでした
結論:不味い

さて、これらの商品は「どんな味なのだろう?飲んでみたい!」という人間の好奇心を利用したマーケティングなのだろうと推測できる。なぜなら、純粋においしくなくて、あと数週間もあれば完全に市場から消え去りそうな飲料だからである

では最後に一言

(不味いから市場より)消えろイレギュラー!

おまけ

飲み物ではないですがこの間あれを買って来ました

はちゅねミク肉まん
P1000661.jpg


なんか……ちょっと崩れてない?

特に左目、これっていわゆる
pa1305999054434.jpg

うん、似てる

味は普通です。特に変わった要素は感じられず。おいしかったです
スポンサーサイト

コメント

Re: こいつは飲み物じゃない。テロだ

またなんともいえない不可解な飲み物ですねwww
好奇心でスイカのほうを買おうかなと思った時期があったんですがやめておいて正解でしたね。
肉まんは普通の肉まんなんだ・・・少し期待してたんですがwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/220-fc13e4bd