10 | 2017/11 | 12

歩く死体 

最近海外ドラマの「The Walking Dead」をレンタルして観たんですよ

まだシーズン1の途中ですが


TheWalkingDead.jpg

内容は、いいですね

こいつはポスト・アポカリプスホラーテレビドラマ、つまり世紀末ゾンビ物ですね

主人公は保安官で犯罪者に撃たれ昏睡してしまいます。目覚めるとそこには誰もいない病院で、外に出るとゾンビが……

という内容ですね

ゾンビ系の作品ってアウトブレイクの発端は細かく描写しないことが多いですよね

私はゾンビ物はそこまで好きでは無いですが、世紀末物は大好きです(マッドマックスやメトロ2033等)

ゾンビって最近は人気の怪物ですが、昔はそうでもなかったんですよね


ゾンビの起源はブードゥー教に関連するらしいです
それのゾンビは、「死んだ人の魂を抜き取って死体を労働力として働かせ続ける」というものですね
これは「悪いことをすると、死んだあとも苦しむぞ」という、日本でいう地獄のようなものとして扱われていたみたいです

60年代中ごろまでゾンビが登場する映画は作られていたらしいですが、上記のゴーレムのような物ばかりで脇役だったみたいですね

ここで火付け役となったのがジョージ・A・ロメロ監督が作り上げたゾンビ像ですね
人間に危害を加えるという、従来のゾンビと吸血鬼を混ぜたゾンビです

これがうけたのか、その設定で続々とゾンビ映画が作られましたね


今ではゾンビといっても作品によって特徴が違います


一般的なゾンビは、動きが緩慢、知能はほぼ無し、生きた人間を捕食する、頭部を破壊すれば活動停止、噛まれた人間はゾンビになる、といった感じですね

中には
・身体能力が高くダッシュするゾンビ(L4D、28日後、ドーンオブザデッド等)
・原始的な知能は残っており石などの単純な道具を使う(ウォーキングデッド、バイオ6等)
・話すゾンビ(ロリポップチェーンソー、戦闘潮流)
・踊るゾンビ(ディスイズスリラー♪)

なんて色々ありますね。ゾンビ映画って大量に存在するので、探せば多様なゾンビが出てくるかもしれません

そういえばゾンビ物の作品に必ず疑問を抱く点があるんですよね
それは
・なぜ共食いしないのか
・体が腐り落ちたら血液が脳に行かずに活動停止するのでは
・音に反応するゾンビは銃声にだけは反応しない
・目見えるのかよ
等などありますが、映画にツッコミを入れるのは野暮ですね


大分内容がそれましたが、「The Walking Dead」、お勧めのドラマです。気になる方はレンタル店へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/228-c20dec19