09 | 2017/10 | 11

AMSからこんにちは 

フラジール完成しました

しっかしコトブキヤのプラモはパーツ数が多いですな。そのおかげで無塗装でもそこそこリアルに作れると思うのです。反面、恐ろしく手間がかかり、値段が高い

まず、ランナーの数からして多い
DSC_0006_20121210150146.jpg

こうも数が多いと、「あれ?Bのランナーは何処だ?」と探す事が多くなり、結果時間がさらにかかる

まあ、でも作ってて楽しいプラモですよね

では紹介しましょう。フラジールです
DSC_0014_20121210150146.jpg

見てください、この異様なフォルム。まさにフラジール

この機体は稼動部が少なすぎてポージングしにくいです。なのでかっこいい写真が撮りにくい

劇中の活躍

カラードランクNo.17。リンクス(パイロット)は「CUBE」

空力特性を突き詰めた機体。その極端な機体負荷から、多くのリンクスを潰してきた(ここで言う「潰してきた」は相手をしたリンクスではなく、乗ったリンクスが潰れたという意味。ありえない機動力からして文字通り潰れた可能性も否定できない)
各パーツは性能に難が多々あり。扱うのは難しい。初期レギュではAPが2万を下回っている紙装甲
ただ、機動性は作中の中でも群を抜いており、相手にするのは中々厄介
特に目立つのが「ラインアーク防衛」のミッション。敵としてカラードランクNo.1オッツダルヴァと共に襲撃してくる。彼の最後の言葉は色々とネタにされる。また断末魔が絶叫というACシリーズでも中々珍しい人

腕武装XMG-A030マシンガン
DSC_0016.jpg


背中武装XCG-B050チェインガン
DSC_0017.jpg


という訳で逆流王子こと、フラジールでした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/247-fbe2c640