08 | 2017/09 | 10

王老吉(わんらおじー)を飲んでみた 

王老吉を飲んでみました

これは香港発の「涼茶」と呼ばれる飲料で、体を「涼しく」する目的の漢方茶やハーブティを指します

冷やした飲み物で外的要因から涼しくするのではなく、漢方で内的要因から涼しくするという辺りが中国らしいですね

このお茶は結構めんどくさい関係にある「加多宝」という見た目も味もそっくりな飲料があるのですが、それの解説は追々加多宝を飲むときに説明しましょう(情報は見つかったのですが複雑でまだ理解してません)



さてまずは見た目から



これが見た目
DSC_0283.jpg


成分とか
DSC_0284.jpg


では飲んでみましょう




匂い:独特の甘いにおい。仙草蜜に似ている

味:薬草のような独特の風味があるが、砂糖が入っている為飲みやすい。仙草蜜に近い味だと思ったら、こちらにも仙草は含まれていた

総評:かなり美味い。日本ではあまり遭遇することの無い味なので好みは別れる

入手方法:新大久保の中国系の食品店で入手

原産国:香港(中国)

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:中国ではかなりメジャーな涼茶で、「体調が悪いなら王老吉を飲んでおけ」的なCMが流れているそうな。お茶だがアルミ缶だった




中国や台湾ではお茶に砂糖を入れることが多いです。知人曰く、コンビニで売っている烏龍茶や緑茶にまで砂糖が入ってるらしいですね。試しに家で淹れた緑茶に砂糖を加えて飲んだら結構おいしかったです

そもそもこの涼茶は砂糖無しでは苦くて飲めたものじゃないらしいですね


さて、本日は記事を2件書きます
これと、あとはもう明日に迫るコミケの情報ですね

いつもと同じサークルで売り子をしています

コミケの情報に関しては夕方くらいまでお待ちください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/307-ec70c3f9