07 | 2017/08 | 09

スーパーサルミアッキを食べてみた 

スーパーサルミアッキを食べてみました

スーパー……?

何がスーパーなのでしょう

スーパーと聞いて思いつくものと言えば

これとか
img_0.jpg

この人とか
superman_returns_13.jpg

この場所とかモイラ許さん
ScreenShot48.jpg

この機体とか
35.jpg


まああれですね。スーパーとは「超」とか「上位の」とかを現す言葉なので、「あれがこうだからスーパー」と一概に言えることではないですね

食べてみれば分かるでしょう

前回の普通のサルミアッキに関してはこちらから

では見てみます

見た目
DSC_0717.jpg


ここで気がついたことが一つあります

以前食べたサルミアッキはパッケージに「SALMIAK」と書いてありました。しかし今回食べたスーパーサルミアッキには「Salmiakki」という綴りです

参考画像
IMG_20140303_141609123.jpg


同じFazerというメーカーのサルミアッキなのになぜ表記が違うのですかね

サルミアッキはフィンランド語で「salmiakki」。スウェーデン語・デンマーク語・オランダ語では「salmiak」と書くそうなので、スーパーの方はフィンランド語表記のようです

なぜこうなっているかは少し調べただけでは分かりませんでした

フィンランド語表記の通販サイトで「salmiak」と書いてあったから略語の可能性があるやも?

しかし肝心なのは中身なのでさっそく食べてみましょう

粒はノーマルに比べてちょっと大きい。そして丸い
DSC_0716.jpg


食べてみた味ですが、口に含んだ直後はサルミアッキです。甘くてしょっぱくて、ちょっと苦いような味と、あの独特なリコリスの味がします。その後あまり目立たないのですが少しずつミントのすっきりとした味が付随します

感想としては、やっぱり美味しいですね。この独特の味は最高ですし癖になりますね。ただ普通のサルミアッキのほうが私は好きですね。スーパーサルミアッキは普通のサルミアッキにミント風味が加わっているものでした

価格はAmazonから買ったので750円程度、フィンランドのヘルシンキから発送されたので、注文確定から到着まで1週間強かかりました。とても離れているのに1週間で届くのは驚きですね

しかしこれは上記の通販サイトでは1箱1.16ユーロ(161円)だったので、やっぱりちょっと高いですね。でも送料を考えるとまあこんなものでしょうね。日本では店頭でサルミアッキを売っている店が確認できないので、そうしても割高になってしまいます(昔はIKEAに売ってたそうな)

フィンランドには飴のサルミアッキ以外にもサルミアッキ味のチョコレートとかアイスとかウォトカとかもあるそうですね
送ってもらいたいものです。決してネタにするためにではなくて心から美味しいと思っているのでフィンランド在住の方は送ってくださっても良いのよ(今月は誕生日でしたし)

お金に余裕ができたらサルミアッキ味のチョコレートを輸入したいと考えていますが、当分先でしょうね

べた褒めしましたが、日本では世界一不味い飴とか不名誉な呼び名があるので、買うときは覚悟を持ってください

ではこの辺で、三犬からさようなら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/408-0e546f1a