07 | 2017/08 | 09

みっくちゅじゅーちゅを飲んでみた 

みっくちゅじゅーちゅを飲んでみました

調べた情報によりますと、元々大阪の近辺ではミックスジュースが喫茶店でよく提供されており、それを全国に広めようと企画された後にサンガリアが商品化したものです。ミックスジュース自体は明確にレシピが定まっておらず、喫茶店の数だけミックスジュースが存在する程です

何故このような名前なのかというと「ジュース」とは果汁100%の飲み物しか付けられない名前だからだそうで(ミックスジュース自体が普通の名詞だから使用できなかったという説もあり)

元々関西限定商品だったらしいのですが、現在は全国で販売されています、しかしいつ頃からかは不明で、これを買ったのも商品の入れ替えが早いスーパーに行ったらたまたま置いてありました。1本目を買って飲んだのも1週間ほど前なので明日に行ったらもう無いかも知れませんね


では見てみましょう

見た目

DSC_0906.jpg
DSC_0908.jpg


原材料や成分表示
DSC_0910.jpg
DSC_0911.jpg



そして偶然なのですが、一昨日に前述のスーパーとは関係ない輸入食品店に行ったらなんと缶のみっくちゅじゅーちゅも発見しました、原材料を見るとペットボトルのとは若干違いがあったのでそれも一緒に紹介いたします


缶の見た目
DSC_0917.jpg
DSC_0919.jpg


缶の原材料
DSC_0920.jpg



缶の方にははちみつと卵が使われていますね。他はペットボトルのと大差ないみたいです

では飲んでみた感想です



ペットボトル

匂い:フルーツオレのそれ

味:バナナとオレンジの味が強く感じるフルーツオレのような味で、まろやかだがなかなかに甘い。果汁20%にしては果物の味がしっかりとしている

総評:かなり美味しい

入手方法:スーパーで入手

原産国:日本(大阪発祥)

リピート性:☆☆☆☆☆(星5つ)

その他:元々大阪周辺のローカル商品だったが現在は全国販売(いつ頃からかは不明)




匂い:ペットボトルに準ずる

味:ペットボトルより甘くて濃厚。細かい果物もペットボトルのよりも多い感じがする。柑橘類の味が強めか?

総評:こっちもなかなか良いが、ペットボトルの方が好き

入手方法:輸入食品店で入手

原産国:日本(大阪発祥)

リピート性:☆☆☆☆★(星4つ)

その他:






なんかペットボトルの方が体に悪そうで好きですね

関東の喫茶店でもミックスジュースは無いのですかね。喫茶店に行くのは東京に行ったときくらいなのですが、いつも行く喫茶店ではレモネードばかり注文してます。あと最近知ったのですが、東京圏に多数店舗がある喫茶ルノアールでガラナが提供されてました、コアップのです

オーストラリア土産の炭酸飲料はまだ手を付けてないので近いうちに飲みたいものです

あとコミケットSP6のレポートですがもう少し時間がかかりそうです、いま写真やら同人誌をまとめているところです、といっても普段どおりの買物程度しかしてないので、普通のコミケと大差ない内容になります

ではこの辺で、さようなら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/436-6e50962c