09 | 2017/10 | 11

タバスコチョコレートを食べてみた&芳屋に行ってみた 

タバスコチョコレートを食べてみました

まずチョコレートの前に、先日東京へ行く用事があったので、上野にある輸入食品店の芳屋に行ってみた事を書いていきます

秋葉原の輸入食品店のワタベが閉店してしまってから、長い間輸入飲食品、とりわけお菓子や清涼飲料の充実している店は見つかりませんでした。カルディやヴィレッジヴァンガードでも扱い自体は有りますが、カルディではお菓子などよりも普通の食品やコーヒーがメインで、ヴィレッジヴァンガードも雑貨が中心なのです

なので東京へ行った際に偵察がてら行ってきました。大分前に訪れようとしたことがありましたが、時間が無かったのと、携帯電話の充電が切れ地図が見られなかったため見つけることができませんでした。

今回はしっかりと調べてから行ってみたので無事見つけることができました

上野のアメ横にある、とされている芳屋ですが距離的には上野駅側ではなくJR御徒町駅からの方が近いです。そしてアメ横というとあの通りに面していると思われがちですが、ウェルカムモールグリーンという建物内にありまして、どうも高架橋の下にある模様なので、入り口を見つけて入る必要がありました。この建物内にあるというのが原因で前回は見つけられなかったのですね

そして実際に行ってみた芳屋ですが、輸入食品店というよりかは輸入菓子店ですね。お菓子の種類もグミ、チョコレート、飴、ラムネなど甘い物が大半でした。一応店内に小さい冷蔵庫にルートビアなどもありましたね

なかなか品ぞろえも充実しており非常に良い店でしたが、週の定休日が稀に増えたりするので、行く前に調べた方がベターです

さてそこで買ったタバスコチョコレートの紹介をしていきましょう


見た目
DSC_0180_20160915111410662.jpg


原材料など
DSC_0181_20160915111405e5d.jpg
DSC_0183_2016091511140802c.jpg



中身
DSC_0182_20160915111406528.jpg


丸い缶、ピザ状にカットされたチョコレートなどショカコーラのようですが、あちらと違いタバスコチョコレートは2段になっておらず、缶の厚みも薄いです。そしてその形状のせいで指をうまくひっかけにくく非常に開けにくいのが特徴の缶でした。勢い余って中身が飛び出さないようにご注意を


食べてみた感想です



カテゴリ:チョコレート

価格:1缶500円前後

味:最初こそ甘いチョコレートと感じたが、時間差でピリピリするタバスコの辛さを感じる。タバスコの酸味と塩味はほとんどせず、甘くて辛い不思議な味

総評:一風変わってて悪くはないが、そう頻繁に食べたい味でもない

入手方法:上野の輸入食品店「芳屋」で入手

原産国:アメリカ

リピート性:☆☆☆★★(星3つ)

その他:指を掛けにくく缶が非常に開けにくい





個性的な味でした。甘いのは甘いんですがちゃんと辛い味もして、独特としか言いようがないですね


ペルソナ5を買おうかと迷っていましたが、それを買うのは後にして10月の初めに横須賀へ観光してこようかと思っています。軍港としても有名な港や、戦艦三笠などを見てこようと思ってます。米軍の施設がある街なので可能であれば何かアメリカンな飲食品も探してみたいですね。流石にもうカレーラムネはノーセンキューです(名物らしいです)

ではこの辺で、ごきげんよう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/501-9b61463e