09 | 2017/10 | 11

トム・クランシィィィ 

アーマード・コア3で時間切れとなり船と共に水没しました、三犬です。
どうやらゲームの中まで「タイマー破壊フィールド」は届かなかったようです。

まあいいや。さあ本題。

トム・クランシーシリーズである、「スプリンターセルコンヴィクション」を買いました。

img_295303_2913719_0.jpg

~あらすじ~
かつてアメリカ国家安全保障局内の秘密組織「サード・エシュロン」に所属する秘密工作員「スプリンターセル」であったサム・フィッシャー。 現在は組織から離れ単独で娘サラの死亡原因を探るうちに娘の死に関わる容疑者がマルタ島にいる事を突き止める。 マルタ島のギャング、アンドリー・コビンを尋問しているその時、スプリンターセルがサムを強襲。 彼らによってワシントンD.Cに連行されたサムはかつての同僚グリムから衝撃の事実を突きつけられる。 倒すべく敵の正体を知ったサムはグリム、コステの力を借り、 かつての組織「サード・エシュロン」とその背後に見え隠れする巨大組織を相手に一人立ち向かう。
Wikipediaより(ry

娘は前作「スプリンターセル 二重スパイ」でお亡くなりになっています。

ハードは、Xbox360、PC、iPhoneですね、PS3ユーザーの方ざまーみろ
おみやげを持って来い。
いいおみやげを持って来い。
三犬
P・S
おフロ上がりに耳そうじを
するとしめっている。

わからない人はスルーで。


さて、トム・クランシーシリーズといえば、三犬は三度ほど煮え湯をがぶ飲みさせられましたが、今度ばかりは無事(?)に面白いゲームと仕上がっていました。

どう面白いかはご自分でお確かめください。

メタルギアとアサシンクリードが、いい具合に混ざっているといえば一部の人はわかりますかね。


さて、その三杯ほどの熱湯、どう悪かったというとですね……

まず、一杯目「ゴーストリコン アドバンスウォーファイター」
これは、三犬がただ下手糞なだけだったのかもしれませんけど、指示を聞かない味方、撃たれても微動だにせず挙句撃墜されるヘリ、味方がいないと貧弱な体長(自分)……
……やっぱり三犬が下手なだけでしょうか?FPSなら得意なんですがね。

二杯目、三杯目、「レインボーシックス ベガス」、「レインボーシックス ベガス2」
一応FPSです。
普通に面白かったのですが、ただ「距離が近いと弾がかすっても死ぬ」というのだけは頂けなかったです。

追撃じゃー!!といって敵を狩り出しにいった三犬の横からこんにちは→即死というような事がよく有りまして…
そのくせ敵は距離にかかわらず体力一定ですからね。


そんな3作をかわした三犬にこの「スプリンターセル コンヴィクション」が舞い降りてきました。
しかも、たまたま幸運がかさなって通常の25%OFFの価格で入手しました。

ありがとう、トム・クランシー

追記

でも、当たりが4本に1本って……

しかし、こんな批判ともとれる記事を書いて良かったのでしょうか?
トム・クランシー本人は日本人に不信感を持っているそうですからね。
スプリンターセルが送り込まれたりしてww


まあ、そんな高名な小説家が見るようなブログでもないでしょう。
おや?誰か来たようです。
そんな訳で今日はここまで。

はーい。どちらさm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/51-85e4a052