09 | 2017/10 | 11

まあ、とりあえず聞きたまへ 

暦の上では立秋ですが、まだまだ暑さ厳しい日が
続きます。

床屋で「短く」と言ったら、若かりし頃のポール・マッカートニーのようにされました。

そんなことはさておき、本日は少し大事なお話がありまして。

今夜、親と少々話した結果、次のような事に半ば決定しました。

「このまま、学科の専門の成績が芳しくないようなら高専を今年でやめるかもしれません」


まあ、あくまで可能性ですけど。

確かに、三犬は学科のテスト以外では大変優秀な成績を収めており、国語の課題ができない友人には貸しを1つでその課題を請け負い、長期休暇の終わりには、三犬に「課題を見せてくれ」と頭を下げにくる友人もいます。さらに物理に至っては物理神「コウテイデネテロナカオカ」が私に憑依する次第でございます。

ごめんなさい。虚実を交えました。8割方は事実無根の嘘です。

とにかく、一般課目はそこそこできるわけでっせ。特に国語と物理。
しかし、専門科目は振るわない。一年の時から。

といってもまだ確定した訳でもありませんし、そもそも今年留年したら、もう一回3年をやり直しです。

とにかく今年いっぱいは確実に高専に在籍するので問題はないでしょう。

そもそも、人生なんて何があるかわからん物です。

いろいろ経験した方が、かえってあの世でご先祖様に報告することが増えるでしょう。

ま、若気の至りってやつですかね。
それが、高専に入学した事なのか、それとも高専やめた事なのかは、まだわからないですが……

生きてりゃなんとかなるでしょう。


かの太宰治も「津軽」の結びで、こう記しておられます。
「さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行かう。絶望するな。では、失敬。」

残暑厳しきおり、皆様方のご無事息災を心より
お祈りいたします。

三犬
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/53-8249797c