FC2ブログ

09 | 2018/10 | 11

「Rabi-Ribi」レビュー 

(2017/11/01:画像追加、誤字修正)

PCゲームの「Rabi-Ribi」の感想です

20171031174228_1_20171031185842354.jpg



これは日本のアニメのようなイラストが目に入りますが台湾のメーカーのゲームです。現在の所日本ではsteamにて配信中で、OSはWinのみですね。XP以降なら動く模様です

UIや字幕共に日本語が実装されてます。ちょっと訳が変わっている所もありますが、内容が理解出来ない場面は全く無かったので安心してプレイが可能です

さてこのゲームのジャンルは所謂「メトロイドヴァニア」となっております。ゲーマーなら分かる単語ですがいまいち馴染みが無いので軽く解説しますと、「メトロイドシリーズ」や「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」のような2Dの探索型アクションゲームを差す単語ですね。ジャンルはその名の通りメトロイドと悪魔城ドラキュラの海外版のタイトル(Castlevania)から名付けられました

このジャンルのゲームで他に有名な物だと「洞窟物語」や「オリとくらやみの森」なんかが面白いですね。「星のカービィ 鏡の大迷宮」も見方によっては同ジャンルです。ただ名作もちゃんとあるがあまりメジャーなジャンルではないとも思えます

Rabi-Ribiのストーリー

ある日飼いウサギのエリナが目を覚ますとそこは見知らぬ場所。そしてその体は人間となっていた。不慣れな体で飼い主が住むラビラビタウンへと向かう途中、妖精のリボンと出会う。リボンと共にラビラビタウンへ、そして飼い主のルミの元へ。

無事ルミの元へと戻ったエリナだったが、ルミの妹のミルが街にある魔力で動く石碑を起動し何処かへ行方知れずになった事を同時に知る。魔法が使えないルミに代わって石碑を起動させる為の助っ人を探しにエリナとリボンはラビラビ島をあちこちを飛び回る。


20171031154655_1_2017103118584195b.jpg
↑目覚めると人間の体になっていたウサギのエリナ。このゲームはこうして所々一枚絵が挿入される。後にCGギャラリーも解放されるので見返すことも可能だ

Rabi-Ribiの探索システム

大まかなシステム自体は一般的なメトロイドヴァニアといえます。割り当てたボタンで近接攻撃と遠距離攻撃が可能で、近接がエリナ、遠距離はリボンが攻撃している設定です

また、行動を増やしたり探索できる範囲が広がるアイテム、体力や攻撃力を増やすパワーアップアイテム、ポイントの数だけ装備可能で様々な効果があるバッジ、などを探索して発見するこのジャンルの醍醐味はしっかりとあります

メトロイドシリーズに比べてアイテムの場所が分かりやすかったと感じました。メトロイドシリーズですと巧妙に隠してあったりだとか、場所はわかっても取り方がわからない、という事も多かったですが、Rabi-Ribiは割りと簡単に隠しアイテムは見つけることが可能でした。それでもメインストーリークリア後にはアイテムの取り逃しが多々あったので、探す楽しみが無い程ではないですね


Rabi-Ribiの戦闘

このゲーム最大の特徴はボスキャラクターが沢山いて、それらのほぼ全てが『弾幕』を撃ってくることですね。序盤こそ簡単に避けられるものの、終盤になってくるとどう避ければいいのか咄嗟に判断ができずに被弾する場面も多々ありました。ただゲームをすすめるとお守りという時間で使用回数が回復するアイテムが入手できて、それを発動すると少しの間無敵になれるので、躱し方が分からない攻撃でもこれを使えばその場は凌ぐことが出来ます

弾幕STGと同じく、エリナの当たり判定はグラフィックの通りではなく、ドット絵を見て下腹部あたりに点として存在するので、早めに感覚を掴んでおくと戦闘はしやすくなります

20171027113716_1.jpg
↑序盤のボスの弾幕。こう見えて大変避けやすい部類だ


その他のシステム

難易度はとても簡単なものから難しいものまで。私は初心者向けと説明がある難易度Noviceでプレイ。それなりにゲームはプレイできる方なので序盤~中盤まではさくさくプレイしましたが、終盤になると消費アイテムを多用する程の難易度でした。また攻略難易度とは別に探索状況によるボスのレベルの上がり方の設定もまた別に存在するので、様々な人がプレイしても楽しめる作りですね

難易度Nomalが一般的なゲームの難易度ハード以上となっており、かなり難しめのゲームですね

そして本編とは別にタイムアタックモードやボスラッシュも存在し、本編をクリアした後のやりこみ要素も充実です

20171031141406_1_m.jpg
↑終盤は苛烈な弾幕が展開される。難易度はお好みで




追加コンテンツ

そしてDLCですが、本編に関係するのは2つあります

1つはハロウィンDLCでこれは無料ですが別途ダウンロードしないと導入されません。本編クリア後のおまけで高難易度ボスとハロウィンの立ち絵が実装されます


もう一つは「Is the order a DLC?(ご注文はDLCですか?)」。2部構成である本編をクリアした後の続きが描かれており、完結編となってます。本編で疑問だったストーリーがしっかりと説明されますので、ストーリーが気に入った方には是非買ってもらいたいですね。ただし、ハロウィンDLCを凌ぐ難易度となっており、備えと覚悟が必要です



まとめ

メトロイドヴァニアとしてもしっかりとした作り、アニメ風な沢山のキャラ達と手応えのある難易度。定価2100円が安く思えます

紹介はしてませんが主要キャラ以外の登場人物も魅力的なので、その点もおすすめできる内容でした
20171031154712_1.jpg
20171031154721_1_2017103118583979b.jpg
20171101170434_1.jpg
20171101170442_1.jpg


もしPCを持ってない、要求スペックに満たない場合ですが、日本語版がPS4とVitaでリリースされることが決定しています。発売日、価格は現時点で不明ですが、公式でCS機で遊べる日も近いです

また11月2日の深夜2時までならsteamにてハロウィンセール中でお安くなってますのでお得に買いたい方は是非

ではこの辺で、三犬からさようなら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a0dt.blog61.fc2.com/tb.php/546-6df56225